祇園祭2012 神幸祭神輿渡御

7月17日の夕方になると、山鉾巡行によって罪や穢れが浄められた四条寺町の御旅所へと、八坂神社から中御座神輿(なかござみこし)、東御座神輿(ひがしござみこし)、西御座神輿(にしござみこし)の大神輿3基に召した神々が各氏子町を通って渡る「神幸祭神輿渡御」が行われます。

まずは八坂神社境内を各御神輿が一周して拝殿廻しと差し上げが行われた後に東門から出御します。石段前は交差点なのでそもそも見物スペースが限られており、さらに見物客で大混雑するので、それぞれの御座の神輿担ぎをじっくり見物するなら境内で観る方が良いでしょう。18時が近づくと石段のある正門は出入禁止になるので、その際は西門から出入します。

中御座(素戔嗚尊)を担ぐのは三若神輿会、東御座(櫛名田比売)を担ぐのは四若神輿会、西御座(八柱御子神)を担ぐのは錦神輿会の担ぎ手たちです。どの神輿会も勇壮で見事な業前を披露してくれます。特に石段下などで披露される「振り」無しで「差し上げ」て高い位置のまま神輿を回転させる「差し回し」などは極めて高い技術が必要とされる神輿担ぎで、これこそが祭の華です。

京都のお祭りを見に来て御神輿を見ずに帰るなんて有り得ません。京都の御神輿担ぎはとにかくカッコいい。景気良く振り鳴らされる鳴閂(なりかん)と大鈴の音と「ほいっと、ほいっと」という威勢の良い掛け声。職人の手仕事による豪華な装飾が施された美しい神輿の神々しさ。見事です。

神幸祭神輿渡御
日時:毎年7月17日18時〜