祇園祭2012 還幸祭 迫力の神輿まわし

7月17日の「神幸祭」で御旅所に渡った神輿。1週間後の7月24日の夕方になると、四条寺町の御旅所から八坂神社へと中御座神輿(なかござみこし)、東御座神輿(ひがしござみこし)、西御座神輿(にしござみこし)の大神輿3基に召した神々が、「花傘巡行」によって疫神が浄められた市中を練り歩いて帰る「還幸祭」が行われます。

この日は10時にはじまった「花傘巡行」は快晴に恵まれ、その後の昼過ぎに激しい雨が降り始め、そうこうモタモタしていて16時過ぎに慌てて御旅所へと向かったら時既に遅し。中御座神輿は出御していました。

東御座神輿と中御座神輿がちょうど出御の準備をしていました。四条通は四車線通行止め。御旅所周辺の歩道には見物客が溢れていました。そこで知り合ったお爺さん曰く「還幸祭こそが真の祇園祭。毎年ここで元気を貰う」そうです。

神職により神事が執り行われてから御旅所前での神輿が「差し上げ」られて出御となります。神輿が出御すると祇園祭のあいだ御旅所だった場所は元のお土産物屋へと戻ります。

御旅所を出御した神輿はそれぞれのルートを通ります。大通りで遠くから見るよりも、道幅の狭いアーケード商店街の中を練り歩くときの間近で見る御神輿の迫力と担ぎ手の熱気がオススメです。夜が更けて来ると御神輿の上に提灯が点りさらに雰囲気が出てきます。深夜に八坂神社へ戻った神輿から神霊を神社に戻す「御霊遷し」の神事が行われます。


より大きな地図で 京都 祇園祭 2012年7月24日 還幸祭 神輿ルート を表示

還幸祭
日時:毎年7月24日17時〜