祇園祭2012 疫神社夏越祭

7月1日から一ヶ月に渡って数々の神事とイベントが行われた「祇園祭」は7月31日の八坂神社「疫神社夏越祭」で終了となります。

石段を上がって楼門をくぐると正面にある疫神社の石鳥居に大きな茅の輪が設置されていました。正午ちょっと前に行ったのですが、既に茅の輪から大半の茅が抜き取られていました。八坂神社では茅の輪から抜き取った茅を参拝者が自分で小さい茅の輪にして持ち帰って玄関などに飾ることで、夏を健康に過ごせるご利益があるとしています。

夏越祭は、八坂神社の祭神素戔嗚尊(すさのおのみこと)が旅の途中で、疫神社の祭神・蘇民将来(そみんしょうらい)に厚いもてなしを受けた礼として「蘇民将来子孫也」と書かれたお札を持つ者は疫病から免れると約束した故事にちなみます。

実際に作ってみるとなかなか難しかったのですが、わたしの手際の悪さを見かねた地元のオバちゃんが親切に作り方を教えてくれたのでどうにか輪の形になりました。社務所ではこの日だけ「蘇民将来子孫也」と書かれた紙縒りを200円で貰えるので、自分で小さい茅の輪を作ったらその紙縒りを結べば完成です。

今年の祇園祭はこれにてお仕舞い。また来年の祇園祭が楽しみです。

八坂神社「疫神社夏越祭」
日時:毎年7月31日
住所:京都市東山区祇園町北側625
TEL:075-561-6155
拝観時間:参拝自由
拝観料:境内無料
ホームページ:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/