[番外編] 巨大マンタにびっくり海遊館

京都駅からずずっと足を伸ばして、大阪港にある水族館「海遊館」へ出かけてきました。飼育展示されている生き物の数は580種、30,000点にのぼるという世界最大級の水族館です。まず最初に見えてくるのは「魚のとおりぬけ・アクアゲート」です。様々な色をした魚たちやエイの仲間が泳ぐ姿が見れるトンネルは大人気で、皆楽しげに写真を撮ってしました。そして、エスカレーターに乗り8階へと向かいます。

水槽は「日本の森」「アリューシャン列島」「モンタレー湾」「パナマ湾」「エクアドル熱帯雨林」「南極大陸」「タスマン海」「グレート・バリア・リーフ」「太平洋」「瀬戸内海」「チリの岩礁地帯」「クック海峡」「日本海溝」「ふあふあクラゲ館」に分かれています。上の階からスロープを下りながら水槽を見る構造になっているのが特徴です。

ラッコやゴマフアザラシ、そしてアデリーペンギンなどが泳ぐ姿に癒されながら進むと、海遊館で1番人気の「ジンベイザメ」や「イトマキエイ」が泳ぐ「太平洋」に辿り着きます。最大長34メートル、深さ9メートル、水量5400トンの水槽はとにかく圧巻の大きさで、時間を忘れて思わず見入ってしまうほどです。水に住む生き物は動きさえも優雅に見えます。建物の構造上、上からも下からもこの水槽を見ることができるのはとても魅了的です。

現在の特別企画は「百魚繚乱展-海を彩る美しきいのち-」です。個性的な色や姿、生活スタイルを持つ魚たちの世界を見ることができます。万華鏡で水槽の中を覗くことができる楽しい仕掛けもあります。海の中にはこんな世界があるのだと、改めて実感できる展示でした。

入口付近で販売している「すたんぷノート」や「たんけんノート」を楽しみながら進むのもオススメです。飽きやすい子供達も張り切って館内をまわっていました。小学生以上が対象の「海遊館ガイドツアー」も有料にて体験することができます。現在、海遊館入館券と、電車やバスが乗り放題の一日乗車券がセットになったお得なセット券「Osaka海遊きっぷ」が発売されていてお出かけには便利です。近くには「天保山マーケットプレイス」や「天保山大観覧車」、クルージングができる「帆船型観光船サンタマリア」などがあり一日中楽しむことができるエリアです。

海遊館
住所:大阪市港区海岸通1-1-10
利用時間:9時~20時(最終入館は19時)
入館料:大人2,000円、子供(小中学生)900円、幼児(4歳以上)400円
定休日:1月、2月、6月にあり
ホームページ:http://www.kaiyukan.com/sp/