「京まふ」京都国際マンガ・アニメフェアのビジネスデー

「京まふ」こと京都国際マンガ・アニメフェアのビジネスデー9/21に行ってきました。


(シャフト:劇場版魔法少女まどかマギカ)

「京まふ」は西日本最大級のマンガ・アニメの見本市で、参加企業「アニプレックス / アニメーション神戸&KDCアニタス神戸 / イーステージ / エイアンドジェイ / 大阪放送 / 角川書店 / 関西プロデュースセンター / 京都情報大学院大学&京都コンピュータ学院 / 京都嵯峨芸術大学 / 京都精華大学 / 京都造形芸術大学 / 月刊コミックゼノン / 講談社 / シャフト / 集英社ジャンプスクエア編集部 / ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社 / STUDIO4℃ / ティ・ジョイ / 手塚プロダクション / 東映アニメーション / トムス・エンタテインメント / 日本テレビ放送網 / ハッピープロジェクト / バンダイビジュアル / ピーエーワークス / 総合学園ヒューマンアカデミー / フタバ / プロダクション・アイジー / フロンティアワークス / 毎日放送 / Madoka Movie Project / 讀賣テレビ放送 / リブリカ」です。


(P.A.WORKS:花咲くいろは)

今日は本番前日の商談を主としたビジネスデーなので場内はまったりとした雰囲気です。物販コーナーやステージなど各会場はまだ設営中でした。声優や監督のサイン入りポスター、アニメキャラクターとの撮影ブース、宇宙戦艦ヤマトの模型などが展示されていました。ちなみに上の写真のジオラマは完全受注限定5台で値段は48万3000円(税込)です。

本番では声優のライヴステージなどイベントがたくさんあるので盛り上がるだろうなと思いました。平安神宮では9/22にミルキィホームズ、9/23に水樹奈々による奉納ライヴがあるそうです。


(東映アニメーション:京騒戯画/スタプラ!)

「京騒戯画」は「映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?」でデビューした松本理恵を監督に、バンプレストと東映アニメーションが初タッグを組んだアニメです。ニコニコ動画やYOUTUBEで無料配信されています。時間の止まった京都が舞台です。

京都国際マンガ・アニメフェア
ビジネスデー:2012年9月21日(金)
パブリックデー:2012年9月22日(土)〜23日(日)
会場:京都市勧業館(みやこめっせ)ほか
ホームページ:http://kyomaf.jp
入場料:1000円(※ビジネスデーのみ無料)
主催:京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市