下鴨神社の紅葉 2012

京都で最後の紅葉が楽しめるという下鴨神社に行って来ました。午前中でしたが、境内はすでに大勢の観光客やツアー客で賑わっていました。

紅葉と言えば「赤」というイメージですが、ここ下鴨神社の紅葉は「黄色」が中心です。一直線に伸びる参道の両側には黄色に紅葉した木々が立ち並びます。所々に見える赤く紅葉した部分が非常に映えて見え風情があります。糺の森には舞い散った葉が積もり、歩くたびにカサカサと音が鳴ります。こちらも有名な紅葉のスポットとして知られ、多くのカメラマン達が詰めかけていました。

下鴨神社本殿西の鳥居脇にはまだ少し紅葉が残っていました。鳥居が背景に入るだけで、京都らし風景になるのが良いですね。個人的に、ここ下鴨神社の紅葉は一人で楽しむのが割とオススメです。冷んやりとした空気が流れる中、広く長い糺の森を歩きながら物思いにふける。そんな紅葉の楽しみ方もアリだと思います。

下鴨神社・糺の森では様々なイベントが開催されています。森の手づくり市やフリーマーケット、夏には毎年恒例の下鴨納涼古本まつりなど紅葉の他にも楽しみ方は色々です。

過去記事
 →糺の森と共に佇む「下鴨神社」

下鴨神社
住所:京都市左京区下鴨泉川町59
ホームページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/