城南宮「湯立神事」2013

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市伏見区にある「城南宮」は、国土の安泰と都の守護を願い、遷都の際に平安城の南に祀られた宮であることからその名が付けられました。平安時代の末には、白河上皇により「鳥羽離宮」が造営され「院政」の拠点となり都のように賑わったといいます。

「湯立神楽」は城南宮以外でも、9月の晴明神社 「晴明祭 -宵宮祭-」や、11月の上御霊神社「おひたき」など各神社にて毎年行われています。

城南宮では毎年2月中旬から3月末日までの期間に「しだれ梅と椿まつり」が開催されています。社殿を囲むように広がる「神苑-楽水苑-」は「春の山」「平安の庭」「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」の5つの庭からなり、洛南の花の名所として知られています。
 →花の名所「城南宮」

城南宮へのアクセスは「京都らくなんエクスプレス」便利です。京都駅から約15分ほどと、短時間での移動が可能です。平日は「油小路城南宮」下車徒歩4分、土休日は「城南宮前」下車徒歩1分です。京都観光の際はぜひご活用下さい。広い無料駐車場もあるので、車での参拝もできます。

城南宮
住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
TEL:075-623-0846
拝観時間:9時~16時30分(受付は16時まで)
神苑拝観料:500円、境内は無料
ホームページ:http://www.jonangu.com/index.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>