吉田神社「節分祭」2013

京都の表鬼門にあたる吉田神社では、毎年2月2日~2月4日の3日間かけて盛大に「節分祭」が行われています。

P4020453

節分前日となる2月2日の夜には「古式追儺式」が行われます。山から降りてきた赤鬼/­青鬼/黄鬼たちがロープで仕切られた境内の道を所狭しと暴れまわります。見物していた­大人たちは鬼が金棒を振り回すたびに歓声を挙げていましたが、子どもたちには恐ろしか­ったようで「怖い。もう帰ろう」と泣きながら親にすがっていました。


(「古式追儺式」2013年2月2日)

3匹の鬼はそれぞ­れに赤鬼が「赫怒」、青鬼が「悲哀」、黄鬼が「苦悩」を体現しています。鬼を退治するために、大舎人黄金4つ目の仮面を被って玄衣朱裳を着た「方­相氏(ほうそうし)」が現れます。吉田神社の「方相氏」はゴーストバスターズだった頃の正義の味方の「方相氏」です。盾­を矛で叩いて大声で鬼たちを追い立て、さらに矛を振るって鳥居の前まで鬼たちを追い詰­める大活躍です。そこへ上卿以下殿上人たちが桃弓で葦矢を追い射って、鬼たちを退治し­て神事は終わります。

P4020476

境内では「抽選券付き厄除け福豆」が200円で授与されているのですが、この抽選の景­品がスゴい豪華です。なんと「TOYOTA ヴィッツ」です。模型ではありませんよ、本物の自動車です。他にも「VISAギフトカ­ード5万円分」や「JTB全国共通旅行券10万円分」などの豪華でバラエティに富んだ­景品が目白押し。オススメです。

P4030525

2月3日の深夜2­3時からは「火炉祭」が行われました。本社の三ノ鳥居前に高さ5m×直径3mの巨大な­八角柱型の火炉が造られ、参拝者が持参した旧神札や縁起物が火炉の中へ積み上げられま­す。そこに神職が浄火を点じて天高く焚き上げます。この炎にあたると無病息災となり新­春の幸運が授けられると言われています。


(「火炉祭」2013年2月3日 64倍速)

-吉田神社節分祭日程-
2月2日 08:00「節分前日祭」(於 本宮・大元宮)
2月2日 08:30「疫神祭」(於 大元宮中門)
2月2日 18:00「古式追儺式」(於 本宮前 舞殿周辺)
2月3日 08:00「節分当日祭」(於 本宮・大元宮)
2月3日 23:00「火炉祭」(於 本宮前 巨大火炉)
2月4日 09:30「節分後日祭」(於 本宮・大元宮)
2月4日 13:30「福当抽選会」(於 本宮前 抽選会場)

吉田神社
住所:左京区吉田神楽岡町30
ホームページ:http://www5.ocn.ne.jp/~yosida/