京都より春の訪れを「梅の便り・名所 2017年まとめ」

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ寒い日が続きますが、ゆっくりと少しずつ春の訪れを告げる便りが聞こえてきます。京都には桜だけでなく梅の名所も数多くあります。一足早い春を感じてみては。


(北野天満宮「梅苑」2012年2月10日)

北野天満宮 住所:京都市上京区馬喰町
京都きっての梅の名所です。50種・2000本以上の梅の木が植えられています。
2月25日には梅花祭も開催されます。
見頃:2月上旬~3月下旬
拝観時間:10時~16時
梅苑公開:2月初旬〜3月下旬、入園料700円(茶菓子付き)
ホームページ:http://kitanotenmangu.or.jp/

元離宮二条城 住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
南西に位置する梅苑には50種・約130本の梅の木があります。
紅梅、白梅、桃色梅、そして1本の木に紅白の花を咲き分ける源平咲き分けなどが見れます。
見頃:2月中旬~3月上中旬
入城料金:600円
拝観時間:8時45分間~17時 (入城は16時まで)
ホームページ:http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/

京都御苑 住所:京都市上京区京都御苑3
蛤御門の南側・250本ほどの梅が咲く梅苑があります。
見頃:2月中旬~3月上旬
拝観料:無料
ホームページ:http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/index.html

勧修寺 住所:京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
江戸時代に京都御所から移植された「臥竜の老梅」で知られる梅の名所です。
見頃:2月中旬~2月下旬
拝観料:400円
関連ホームページ:http://www.kyoto-ga.jp/greenery/kyonomidori/history/history_001108.html

随心院 住所:京都市山科区小野御霊町35
境内には広大な「小野梅苑」があり、毎年大勢の観光客が訪れます。3月31日には「はねず踊り」が披露されるお祭りがあり、紅梅はちょうどこの頃に見頃を迎えます。
見頃:3月中旬~3月下旬
拝観時間:9時~16時30分
梅園:500円
ホームページ:http://www.zuishinin.or.jp/index.html

府立植物園 住所:京都市左京区下鴨半木町
園内には2ヶ所の梅林があり、150本ほどのさまざまな梅を堪能できます。
見頃:2月下旬~3月下旬
拝観時間:9時~17時(入園は16時まで)
入園料:200円
ホームページ:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

下鴨神社 住所:京都市左京区下鴨泉川町59
御手洗橋に架かる輪橋のたもとに咲く紅梅は、江戸時代の画家・尾形光琳が国宝「紅白梅図屏風」で描いた風景だといわれています。
見頃:2月中旬~3月上旬
拝観時間:6時30分~17時
拝観料:無料
ホームページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

大豊神社 住所:京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
洛中一ともいわれる枝垂梅が有名です。椿の名所としても知られています。
見頃:3月上旬~3月下旬
拝観料:無料

祇園新橋 住所:京都市東山区祇園新橋
石畳の道・白川の流れ、タイムスリップしたかのような風景に可憐な梅の花が咲き誇ります。灯りがともされる夜もオススメです。
見頃:2月下旬~3月中旬

梅宮大社 住所:京都市右京区梅津フケノ川町30
境内ににある西神苑・北神苑を中心に550本ほどの梅の木が咲きます。1本で紅白を咲き分ける「想いのまま」、枝が金色の「金枝梅」などの変わった種もあり。3月3日には「梅・産(うめうめ)祭」が開催されます。
見頃:2月中旬~3月中旬
拝観時間:9時~17時
神苑入園料:550円
ホームページ:http://www.umenomiya.or.jp/


(城南宮「茶室」2012年3月13日)

城南宮 住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
2月下旬の神苑には約150本の枝垂れ梅が咲きます。見頃の椿と合わせて2月18日~3月21日まで「枝垂梅と椿まつり」が行われます。期間中は午後3時から神職による由緒などの案内もあります。
見頃:2月下旬~3月下旬
拝観時間(神苑):9時~16時30分(受付は16時まで)
拝観料:境内は無料、神苑拝観料600円
ホームページ:http://www.jonangu.com/

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡 住所:京都市右京区嵯峨大沢町4
見頃:3月上旬〜3月下旬
大沢池のほとりには梅林があり、のんびりと梅を堪能できます。こちらだけなら無料です。
ホームページ:http://www.daikakuji.or.jp

清凉寺(嵯峨釈迦堂) 住所:右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
隠れた梅の名所です。樹齢350年・和泉式部ゆかりの「軒端の梅」があります。
見頃:2月下旬~3月下旬
拝観時間:9時~16時
拝観料:境内は無料、梅苑は400円

番外編
三十三間堂「春桃会」 住所:京都市東山区三十三間堂廻り町657
堂の名前に因みに三の重なる桃の節句に行われる法会です。瀬戸内寂聴師の青空説法や千体観音像を特設の高壇からの遥拝があります。境内は無料公開となり、様々な慶祝行事が催され大勢の人で賑わいます。限定の女性専用「桃のお守り」の授与もあり。
開門時間:8時~17時(11月16日~3月は9時~16時)
ホームページ:http://sanjusangendo.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>