ニンテンドー発祥の地、正面通の旧本社屋へ。

京都が世界に誇る大企業ニンテンドー発祥の地へ行って来ました。

ニンテンドー創業者の山内房治郎は、1889年(明治22年)9月23日に「京都市下京区正面通大橋西入ル」の地にあった空き家を買い取り、その地に「任天堂骨牌」を設立。自らの工芸家としての腕を活用し花札製造販売を始めました。当時の任天堂は一つの店舗に過ぎず「本社」ならぬ「本店」で直接花札を買うことが可能でした。ちなみになんで花札なのかと言えば、この辺りには1868年(慶応4年)から続く博徒一家(※現在は単なる指定暴力団)の事務所があったりするので、博打用の花札やトランプにそういうニーズが身近にあったのかもなと想像します。

山内は花札だけではなくトランプの製造も始め、これを旧知だった「明治の煙草王」こと村井吉兵衛の協力で日本専売公社と交渉しタバコ流通網での花札&トランプ販売を開始、山内が隠居する頃には日本一のカード会社となりました。そして2代目社長が「合名会社山内任天堂」と「株式会社丸福」を設立して現在の任天堂へとつながっていく基盤を確実なものにしていきました。そしてファミリーコンピュータの大ヒットで家庭用テレビゲーム機メーカーとしての地位を不動にしました。


(海外のニンテンドーファンが作った社史動画)

「昭和モダン」のテイストに溢れた外観です。外観から判断するに道路側が会社スペースで奧は住居スペースだったようです。特に観光地化はされておらず中に入ることもできませんし、立て看板もありません。見学できるのは外観のみです。住所ははっきりしませんが「京都府京都市下京区鍵屋町(正面通)342」だと思います。Googleの地図検索では「34.99167 135.76627」にあります。橋を渡った向こう岸には甘春堂本店があります。豊国神社や三十三間堂の観光ついでにぜひどうぞ。

個人的にはニューヨークMoMAにファミコンソフトが収蔵されたいまこそ、ここをビデオゲームの歴史を集めた世界的な「ビデオゲームミュージアム」に作り替えて欲しいなと思ったりもします。