京都・高台寺 美しき庭園

京都市東山区にある高台寺は、豊臣秀吉の正室である北政所(ねね・出家して高台院湖月尼と号す)が夫・秀吉の冥福を祈るために建立した寺院です。入口を抜けて、少し歩みを進めると、そこに広がるのは見事な庭園。その美しさには思わず声が出てしまうほど。重要文化財に指定されている開山堂と臥龍池(がりょうち)、偃月池(えんげつち)を中心に展開されるこの庭園は小堀遠州作によるものであり、その石組みの見事さは桃山時代の象徴とも言われています。
おすすめは満開の時期の枝垂桜と方丈庭園(石庭)、そして庭園全体が真っ赤に染まる秋の紅葉。その佇まいには、時を忘れて見入ってしまうなんとも言えない美しさがあります。足を止めて、一呼吸。そんな風に過ごして欲しい場所です。

そして、一段高くなっている敷地に建つ霊屋(おたまや:写真2枚目)。北政所の墓所であり、二人をお祀りし、木像が安置されている場所です。木像を置いた厨子や須弥壇(しゅみだん)には華麗な高台寺蒔絵が施されています。数ある漆工芸の中でも最高傑作と呼ばれる作品と言われています。他にも、伏見城より移築された茶室「傘亭」や「時雨亭」、龍の背の形に似ていることから名づけられた長い廊下「臥龍廊」など心ときめく素敵な場所がたくさんあります。

春夏秋の夜には庭園全体がライトアップされ、昼とはまた違った幻想的な世界を堪能することができます。ここには、何度でも足を運びたいと思わせる美しい景色があります。時間がある方は関連の掌美術館、圓徳院などもお勧めですよ。

鷲峰山 高台寺(じゅぶざん こうだいじ)
住所:京都府京都市東山区高台寺下河原町526番地
電話:075-561-9966
ホームページ:http://www.kodaiji.com/