京都三大祭り「葵祭」のあれこれ

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

桜の季節が終わりを告げる頃、京都では三大祭りの一つである「葵祭(賀茂祭)」の前儀の様々な祭儀が始まります。下鴨神社(賀茂御祖神社)と上賀茂神社(賀茂別雷神社)の例祭である葵祭は、毎年5月15日に行われ、優雅な王朝風俗の行列で知られています。祭は6世紀半ばの飢饉をきっかけに欽明天皇が始めたとされています。平安中期の貴族の間では、お祭りといえばこの葵祭を指すほど名の知れたものでした。平安貴族の姿で列をなした風雅な一行は「京都御所」を出発し、下鴨神社を経て、上賀茂神社へと向かいます。「路頭の儀」と呼ばれるこの巡行は葵祭の最大の見所です。他にも15日に至るまでには様々な前儀があり、お祭りのムードは徐々に高まっていきます。今回は葵祭の祭事をまとめてみました。


(2011年5月3日 流鏑馬神事)

5月1日13時~ 上賀茂神社「賀茂競馬足汰式(かもくらべうまあしぞろえしき)」
約920年続く歴史ある神事です。5月5日の本番に先立ち馬の優劣や組み合わせを決める儀式。有料席(500円)もあります。勇壮な神事で、京都市無形文化財に登録されています。

5月3日13時~15時30分 下鴨神社「流鏑馬神事(やぶさめしんじ)
全長500メートルの糺の森「馬場」を、公家風の束帯姿や武家風の狩装束の射手たちが疾走する馬上から3ヶ所の的を目がけて鏑矢(かぶらや)を射て、葵祭の道中を祓い清める神事です。

5月4日10時~ 上賀茂神社「斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)」
斎王代と女人たちが、身を清める儀式です。毎年、上賀茂神社と下鴨神社の交代で行われます。雅楽が流れる中、十二単に小忌衣をつけた斎王代、童女など50余名の女人列が進む様は雅な王朝絵巻を感じさせます。

5月5日11時~ 下鴨神社「歩射神事(ぶしゃしんじ)」
葵祭の沿道を清める魔除けの神事です。馬上で矢を射る「流鏑馬」に対して、地上で矢を射るもので、蟇目鏑矢(ひきめかぶらや)を楼門に向けて高々と放ちます。葵祭(賀茂祭)の安全を祈願します。

5月5日14時頃~上賀茂神社「賀茂競馬(かもくらべうま)」
舞楽装束を身にまとった乗尻(騎手)が馬に乗り、左右に分かれて社頭に参進します。境内の馬場でその速さを競う競駈(きょうち)は儀式の後、14時頃より予定されています。この様子は「徒然草」にも書かれており、京都市登録無形民俗文化財にも登録されています。

5月12日15時~上賀茂神社「御禊の儀(ぎょけいのぎ)」
神職一同、賀茂祭の斎行にあたり境内「橋殿」にて特有の作法にて身を清めます。

5月12日9時30分~ 下鴨神社「御蔭祭(みかげまつり)
比叡山山麓の八瀬御蔭山より神霊を本社へ迎える神事です。16時ごろから糺の森において行われる「切芝神事」の「東游(あずまあそび)」は優雅な王朝の祭典として名高いものといわれています。

5月15日10時30分~ 京都御所-下鴨神社-上賀茂神社「路頭の儀」
天皇からの使者・勅使が上賀茂、下鴨両神社を参向する葵祭の最大の見所。総勢500名余、馬36頭、牛4頭、牛車2台、輿1台の風雅な王朝行列が、約8キロの道のりを巡行します。両神社にて「社頭の儀」も行われます。

5月15日の「路頭の儀」では、「京都御所」と「下鴨神社」に観覧席(2,000円)が設けられます。こちらの観覧席は事前にチケット購入が必要です。また、上賀茂神社でも芝生観覧席(1,000円)が用意されます。当日、正午からの受付で、事前予約は不要です。ゆっくりみたい方には観覧席がオススメです。

京都の年中行事「4月の催し・伝統行事」

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

華やかな桜の季節。京都の町も様々な行事で賑わいます。桜の開花にあわせてぜひ足を運んでみてくださいね。

4月初旬 「春季一般公開」京都御所 桜の季節にあわせて、京都御所の一般公開が行わなわれています。

4月中酉の日 「中酉祭(ちゅうゆうさい)」松尾大社 梅宮大社 醸造感謝祭とも呼ばれ、全国から醸造家多数が参拝します。酒造りは「酉の日」に終えるという習わしから生まれた盛大な催事です。

4月1-15日 「観桜茶会」平安神宮 小説「細雪」にも讃えられた桜の名所です。茶亭や橋殿を配した池泉回遊式庭園には300本ほどの桜があり、中でも水面に花影を映したベニシダレザクラの美しさは必見。

4月1-30日「都をどり」祗園甲部歌舞練場井上流

4月第1土曜~第3日曜「京おどり」宮川町歌舞練場若柳流

4月2日「松尾大社例祭」松尾大社 茂山社中の狂言、金剛流社中の謡曲の奉納があります。

4月4日「護王大祭」護王神社 祭神の和気清麻呂の命日にちなみ、京都御所の建礼門前で宇佐神託奉上ノ儀が行われます。

4月第2土日・第3日曜日「嵯峨大念仏狂言 」清凉寺  京都三大念仏狂言の一つで狂言面をつけてる無言劇を鑑賞でします。

4月第2日曜日「賀茂曲水宴」上賀茂神社 「ならの小川」からの分水で行われる宴は、平安時代末期の風趣に富んだ姿を残す渉渓園で行われます。詩歌の吟詠、管弦の弾吹奏は平安の「雅」を再現した大変風流な催しです。

4月第2日曜日「やすらい祭今宮神社 京都三大奇祭の一つ。桜や椿で飾った風流傘を中心に、赤毛の小鬼や太鼓などを打ち鳴らして踊る鬼が町を練り歩きます。

4月10日「桜祭神幸祭」平野神社  桜の名所で知られる平野神社近辺を騎馬や織姫などの華やかな行列が巡行します。

4月14日「春季例祭」白峯神宮 蹴鞠道の神である精大明神をまつる摂社のお祭で、これにちなみ蹴鞠奉納があります。

4月上旬「華道祭」大覚寺 嵯峨天皇の命日にちなんだお祭りです。

4月第3金土・日曜日「方除大祭」城南宮 方位の災を除く御神徳に感謝し加護を祈る祭礼です。郷土芸能の奉納も。

4月第3日曜日「豊太閤花見行列」醍醐寺 太閤秀吉観桜の様子を再現した行列が町を練り歩きます。

4月第3日曜日「えんむすび祈願さくら祭」地主神社 白川女による地主桜の献花が行われます。謡曲の奉納などもあり。

4月第3日曜日「吉野太夫花供養」常照寺 吉野太夫を偲ぶ催しです。島原太夫の道中がある華やかなお祭りです。

4月17日「例大祭」御香宮神社

4月18~25日「御忌大会(ぎょぎたいえ)」知恩院 法然上人の命日に期して行われます。三門楼上で夜通し念仏を唱えるミッドナイト念仏が人気です。

4月18日「私大祭(鎮花祭)」出雲大神宮 京都府無形文化財の風流花踊りが奉納されます。

4月19日「祈願絵馬焼納式」北野天満宮

4月19日「御身拭式」清凉寺 法要が営まれたあと住職が釈迦如来を浄布で拭います。

4月20日「開山降誕会」建仁寺 四頭茶会

4月20日以後の日曜日「松尾祭(神幸祭)」松尾大社  

4月25日「吉祥院六斎念仏踊り」吉祥院天満宮 春季大祭ともいわれ、重要無形文化財に指定されています。

4月29日「曲水の宴」城南宮 神苑楽水苑にて行われる王朝時代を偲ばせる雅やかな行事です、平安時代の装束を身につけた男女の歌人が、庭園の流れに沿った座に着き、川上から童子が、鴛鴦の姿をかたどった「羽觴」の背に朱塗りの盃をのせて流します。宴の間には静々と白拍子の舞なども披露されます。この日は神苑無料公開。

4月29日「藤花祭」西院春日神社

4月29日「中堂寺六斎念仏」伏見稲荷大社御旅所

4月29~5/5 「壬生大念仏狂言」壬生寺 京都三大念仏狂言の一つで重要無形民俗文化財に指定されています。珍しい無言劇が特徴です。

誤りのないよう細心の注意をはらっていますが、必ずホームページなどで詳細をご確認の上お出かけ下さいね。