「松之助」のNYチーズケーキとアメリカ

西陣のカフェ・ラインベックでパンケーキを頂いてから、ずっと行こうと思っていたのが烏丸御池近くにある「Cafe&Pantry松之助」。実はこちらが本店でその姉妹店として、西陣にカフェ・ラインベックがオープンしました。カフェ激戦区の御池で不動の人気を得ている松之助のオーナーパティシエシェフ・平野顕子さんは、数々のレシピ本を出版している方でもあります。

わたしが訪れたときはちょうど良い時間帯だったらしく、並ばずにすんなりはいることができました。最近はじめられたモーニングや人気のアップルパイも気になりましたが、どうしても食べてみたかったNYチーズケーキを注文。チーズケーキの上にはグラハムクラッカー散りばめられ見た目も完璧。しっとりとした食感と濃厚な味にうっとりしていたらあっという間に食べ終わってしまいました。これ2つはぺろりと食べられますね。スコーンはボリュームがありましたが、素朴な味わいにこれまた完食。幸せなひとときとなりました。

オーナーパティシエの平野さんは子育てを終えた45歳で留学し、そのときにアメリカの伝統的なお菓子と運命的に出あい、お店を持つ今に至るそうです。ご自身の経験を語るエッセイで「遅すぎることはない」と締めていますが、その言葉には非常に重みがあり胸に染みます。エッセイを読んだ後に食べるケーキはまた違った味がするような。また訪れてみたいと思うお店です。

松之助
住所:京都市中京区高倉御池下ル亀甲屋町605
ホームページ:http://www.matsunosukepie.com/index.html

京都「看板ネコに会える店」

旅先で猫や犬に出会うと不思議と元気がでたりします。今回は看板猫に会えるそんな場所をピックアップしてみました。お店や社寺の都合により会えない場合などもありますのでご注意ください。お茶を飲みながら、または観光しながらそっとあたたかく見守ってくださいね。

金福寺(こんぷくじ)
住所:京都市左京区一乗寺才形町20
三毛猫の福ちゃん。お寺の名前から一字とっているそう。金福寺は紅葉の隠れた名所でもあります。

梅宮大社
住所:京都市右京区梅津フケノ川町30
ホームページ:http://www.umenomiya.or.jp/
総勢16匹!の猫が境内を遊び場としています。晴れた日の午前中に良く顔を出すそう。

喫茶ゆすらご
住所:京都市上京区仁和寺街道七本松西入ル二番町199-1
ブログ:http://coffee-yusurago.blogspot.jp/

おひげ?がチャームポイントのフムフムと、引っ込み思案のチャオ。お客さんが入ってくると2階から降りてくるという2匹。

おうちごはん cafe たまゆらん
住所:京都市左京区浄土寺西田町108-4
猫の写真展などのイベントを開催したりと猫好きにはたまらないカフェ。ご飯ももちろんおいしいですよ。総勢10匹の猫がいるそうです。

ホームページ:http://www.tamayuran.jp/wp/

サイドロップ
住所:京都市中京区壬生西土居ノ内町22
母親は逃現郷の看板猫というアメちゃん。昔ながらの店内と看板猫。妙にマッチしています。
ホームページ:http://www.saidrop.com/

逃現郷
住所:京都市上京区大宮通今出川上ル観世町127-1
他界した銀平のお嫁さんとしてやってきたはなちゃん。階段上がお気に入りだそう。子供はサイドロップのアメちゃん。
Facebook:https://www.facebook.com/Q.sugahara