贅沢なひとときを「kotori cafe」

前から気になっていたカフェ「kotori cafe(コトリカフぇ)」へ行ってきました。場所は地下鉄・京都市役所駅から歩いて10分ほどのところにあり、急な階段を上りさらにエレベーターに乗ってビルの5階まで行くという穴場的なところにあります。分かりづらさがまた隠れ家といわれる所以でしょうが、それもまたお店の魅力です。今回二人で訪れましたが、店内に入ったときには常連らしきお客さんが一人いらっしゃるだけでとても静か。広い空間をオシャレに使用し、一人でものんびりできるようなカフェといった感じです。明るい日差しがはいり、不思議な心地よさがあります。お店には可愛らしい文鳥のぷくさんの姿もありました。

IMGP1123

お茶と3時からのメニューであるkotoriさん店主が選ぶスイーツを選び待つこと20分。一つ一つ厳選された食材で作られたスイーツはやさしい味がして、身体にスっとはいっていきます。あっという間に食べ終わってしまいました。どれも美味しかったですが、特に抹茶と小豆のシフォンはもっと食べてみたいと思う味でした。朝の7時30分から10時30分まで朝メニューがあるそうなので、また今度食べに来てみたいです。

IMGP1121

こちらのお店はお一人で切り盛りされています。ブログにも書いてありましたが、子供は中学生以上はOKで、5人以上はお客さんはお断りだそうです。混み方によっては3〜4人でも対応が難しい場合があるとのこと。訪れる前に下記ブログをぜひご参考下さい。一人で読書、ちょっとひとりになりたい、たまには一人でランチなどそんな人にオススメのカフェです。賑やかにせずこんなカフェもあるんだと、自分の時間を各々に過ごして欲しいです。喫煙なのは残念ですが、こういうスタイルのカフェ、応援したいです。

IMGP1122

kotori cafe
住所:京都市中京区御幸町通御池上る亀屋町378  ムーンビル5F
時間:7時30分〜19時
定休日:水・木曜日
ランチ:11時30分〜14時30分(月〜土※祝日を除く)
ブログ:http://ameblo.jp/kotori–cafe/                            

NY流のふわふわパンケーキを堪能「カフェ・ラインベック」

先日「晴明祭」を訪れた際に、パンケーキで有名な「カフェ・ラインベック」に立ち寄ってきました。この日は、晴明祭に合わせてラインベックがある千両が辻でも催しがあり、辺りは観光客と地元の人々で賑わっていました。お店は築200年ほどの町家を利用してつくられたとてもオシャレなカフェです。中に入るとほっと一息つける落ち着いた雰囲気で懐かしい印象をうけました。

IMGP0756

オーダーしたのは「フルーツガーデンパンケーキ」とダブルの「アーモンドチョコレートパンケーキ」の2種類。パンケーキはオーダーをうけてから一枚一枚丁寧に焼いているので、必ず待ち時間があります。時間があるときにゆっくり訪れるのがオススメです。ふんわりとしたパンケーキが登場すると子供から歓声が。見た目もオシャレです。横にはメープルシロップが入った器があり、そちらに浸して食べるのがラインベック流です。甘さ控えめのふわふわのパンケーキにシロップをつけると、優しい味が広がり思わず笑顔になります。「京都一」ともいわれるパンケーキは、オーナーとその師匠の料理研究家・シャロル・ジーンとのコラボレーションの結晶の賜物。ずっと訪れてみたかったので大満足の一日となりました。季節によってチョコレートの豆や旬の果物が変わる期間限定のメニューもあり、何度訪れても違った味が楽しめますよ。

IMGP0748

京都市中京区にあるアップルパイとスイーツの店「松之助」の姉妹店なので、こちらのケーキやスコーンなどもあります。10時まで提供しているモーニングメニュー(630円、735円、945円の3種類)が大人気でモーニング目当てに訪れる人も多いそう。朝から行列なんてことも、良くあるそうです。空前のパンケーキブームですが、京都に来たらこちらも要チェックです。

IMGP0753

カフェ・ラインベック
住所:京都市上京区大宮通中立売上ル石薬師町692
営業時間:8時〜18時(モーニング8時〜10時、LOは17時30分)
ホームページ:http://www.matsunosukepie.com/shops/info.html