ANTEROOM PROJECT

「アート京都2012」に合わせて「ホテルアンテルーム京都」で、「SANDWICH」と京都造形芸術大学大学院総合造形の名和ゼミ参加学生による共同企画展「ANTEROOM PROJECT」がスタートしました。もちろん宿泊しなくても入場無料で見学することができます。


(山下拓也:AQNQTQEQRQOQOQMQ)


(井口真理子:ASIAN PEOPLE)


(田辺真弓:melt)


(山下拓也:DON-VASSA)


(写真奥/名和晃平:Gush#32)

京都を拠点に活動する若手作家たちが、ギャラリースペースのほか、ロビーやラウンジ、レストラン、客室、喫煙所など、さまざまなスペースを使った展示をセルフオーガナイズしています。特に山下拓也さんのストリート感覚と遊び心は今後も活躍が期待できると思います。

「アート京都2012」もモントレホテルと国際会館の両会場を物色しましたが、マンガ・アニメ表現を取り入れた作品や、既製品を部品にして再羽化させたような作品が多かったです。ギャラリー主体だから「売る」前提で、はっちゃけた作品を持って来にくいのは分かるのですが、アートフェア東京で昨年も見た作品がまた展示されているギャラリーもあり、少しばかり目新しさに欠けるなというのが正直な感想です。

ANTEROOM PROJECT
期間:2012年4月27日〜6月28日
会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO GALLERY 9.5 ほか
住所:〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番
開廊時間:12:00〜19:00
入場料:無料
主催:ANTEROOM PROJECT実行委員会
ホームページ:http://hotel-anteroom.com/

出展作家 : 井口真理子、王婷瑩、金光男、小宮太郎、神馬啓佑、田辺真弓、冬木遼太郎、ペへモリッケ、村田宗一郎、森伊織、森貴之、山下拓也、ほか

HOTEL ANTEROOM KYOTO宿泊レポート

今年4月末にリノベーション・オープンしたばかりの「ホテル アンテルーム 京都」に泊まってきました。「anteroom」は「次の間」や「待合室」のことを意味します。かつての代々木ゼミナール予備校独身寮をリノベーションして生まれた新しい空間には「ホテル」「ギャラリー」「レストラン」「アパートメント」が併設されています。アートやミュージックとの親和性を高めていこうという意気込みが感じられます。

京都駅からのアクセスは徒歩だと不便です。荷物を抱えたトラベラーからすると、最寄りの九条駅からの徒歩5分も決して近いとは言えません。立地的に夜遅くのホテルへの出入りに女性客は少し不安を感じるかもしれない。女性客限定で京都駅まで送迎サービスがあっても良いかもとは思いました。

まずは「ホテル」部分。
シングルルーム49室、ダブルルーム5室、ツインルーム4室、テラス付ツインルーム3室となっている。今回はテラス付ツインルームへ宿泊しました。テラスの景観は決して良いとは言えないが、静かに2人で空を見上げながらお酒を飲むのには十分な空間。コクヨが親会社なので置かれた家具はどれもオーダーメイドなのでサイズの使い勝手は良いです。アメニティも問題なし。キレイでお洒落な内装で女性客にも好まれると思います。
老舗旅館や一流ホテルと比べてしまうと、従業員のサービス面での不慣れな部分が気になることがしばしばありました。その点はこれから期間の経過とともに改善されていくだろうと思われます。平日の宿泊価格的にも「ビジネスホテル」と考えれば、各部屋に無線LAN回線は完備されているし、ラウンジを自由に使えるので居心地も良いはずです。

注目の「ギャラリー」部分はホテルのエントランススペースにあります。
ホテルが九条と十条の中間にあるのでその名も「GALLERY 9.5」です。エントランスには彫刻家名和晃平の作品が展示されています。ギャラリーでは京都在住のアーティストやキュレーターを中心に展開していくようです。

次は「レストラン」部分。
元々の作りと言うか、夜のバー的な要素が強いせいか、朝食のブッフェも味付けが濃い目でいまひとつでした。濃い味だと連泊では食べられない。施設のコンセプトから言ってもう少し創造性が発揮されても良いかなとは思います。DJブース完備のラウンジや、ギャラリー兼エントランスのスペースと合わせるとかなり広い空間になるので、音楽やファッションなどで様々なイベントを行うことが可能です。

そして「アパートメント」部分。
全50室でコンパクトな約15㎡タイプと約30㎡のタイプの2種類あります。すでに入居も始まっていますが5月末時点ではテラス付Bタイプ以外は空き部屋がありました。シェアハウス的なコンセプトがあるので、ホテル部分と合わせて色々な設備やイベントが利用できます。入居審査や管理運営は都内の会社なので商習慣的には関東式の賃貸契約です。(※リンク先のこのページ経由で申し込むと仲介手数料が無料になるようです。未確認につきクレームお断り)

部屋の広さ的にどうしても単身者向けになりますが、刺激的で創造的な生活を体験できることでしょう。家具付きの部屋もあるので着の身着のままでも新生活がスタートできます。立地や間取り的に家族には向きません。コンセプトから言えば、芸術家や音楽家には入居審査や賃料で優遇措置があっても良いはずです。また家具付きの数部屋に関してはマンスリーマンション方式にするのが良いと思います。「ホテル」と「アパートメント」の中間的なニーズをキャッチできると思います。

この施設が「場」としてどんな作用を発揮させていくのかは、まだまだ未知数です。周囲に観光名所や大学が無いので、どうにか独力で「場」を構築していくような強い吸引力が必要だろうと思います。「シェア」という概念の拡大解釈が利用者と運営者の双方に求められます。今後の展開に期待しつつ、これからもこの「場」がいかに「シェア」されていくのか観察しようと思います。

ホテル アンテルーム 京都
住所:〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番
ホームページ:http://hotel-anteroom.com/
電話:075-681-5656
E-Mail: info@hotel-anteroom.com