西本願寺のイチョウが見頃を迎えています。2016年

本願寺は浄土真宗本願寺派の本山で通称・西本願寺。京都駅からほど約15分ほどの徒歩圏内にあります。鎌倉時代の中ごろに親鸞聖人によって開かれました。西本願寺といえば、そう。樹齢約400年といわれる大銀杏ですよね。まるで根を天に広げたようなかたちから「逆さ銀杏」と呼ばれています。

見た瞬間、おーっと声をあげてしますほど美しい黄金色に輝いていました。青空にも恵まれとても美しかったです。

京都市の天然記念物にも指定されているこの銀杏は、本願寺に火災があった時に水を噴き出してとめたという伝説もあるそうです。ただただ、見惚れてしまうほど見事。

国宝の唐門へは御影堂門手前にある北小路門からアクセスできます。桃山時代の伏見城の遺構といわれ豪華な装飾彫刻が全体に施されています。細部わたる彫刻は眺めていると日が暮れるのを忘れるといわれ「日暮門(ひぐらしもん)」とも呼ばれています。

また御影堂・阿弥陀堂の縁側や廊下には動物や植物、モノをかたどった木によって節穴や亀裂が埋められています。参拝される人々を少しでも癒すことができればという大工達の粋な気遣いには頭がさがります。

鹿苑寺の金閣、慈照寺の銀閣と共に「京都三名閣」の一つに数えられてる国宝「飛雲閣(ひうんかく)」もお忘れなく。豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部で、建物全体の警官が左右非対称に配置され、見る角度によって様々な姿を見ることができるといいます。通常非公開ですがいつか必ず見に来よう、と思い西本願寺を後にしました。

龍谷山・本願寺(西本願寺)
住所:京都市下京区堀川通花屋町下ル 本願寺
境内無料
HP:http://www.hongwanji.or.jp/

京都駅から徒歩で観光 「渉成園(枳殻邸・きこくてい)」

 東本願寺の飛地境内地である「渉成園(枳殻邸・きこくてい)」は京都駅から徒歩圏内で行ける、時間がない方にもオススメの場所です。1641(寛永18)年に三代将軍・徳川家光から当地(約一万坪)が寄進され、石川丈山の趣向を入れた作庭で駅近くとは思えないほどすばらしいお庭を堪能できます。

  

見所はここから見える京都タワーです。お天気がよかったので青空に映え、とても絵になる風景を撮ることができました。駅近くにこんなに見事な庭園があるのだと感慨深い気持ちになること間違いなしです。またひとつ知らなかった京都の魅力を発見できた一日でした。

  

あの「源氏物語」のモデルといわれる源融が営んだ「六条河原院」の旧蹟であったという伝説もあります。源氏物語の隠れたゆかりの地でもあるようですよ。

  

春夏秋冬、どの季節に訪れても違った印象が楽しめそうです。今の時期は陽の光を浴びた蓮がとてもきれいでした。

渉成園・しょうせいえん(枳殻邸・きいこくてい)
住所:京都府京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
拝観時間:3月~10月→9時~17時(受付は16時30分)、11月~2月→9時~16時(受付は15時30分)
施設維持・保全寄付金として500円以上要(高校生以下は、お1人につき250円以上)
HP:http://www.higashihonganji.or.jp/worship/shoseien/