祇園祭 山鉾その33「大船鉾」 2014年から巡行に復活!

応仁の乱以前からの古い歴史をもち、「船鉾」と同じ神功皇后を御神体に祀るのが大船鉾(おおふねほこ)です。幾度の焼失にあいますが、その度復興を遂げ豪華な懸装品や金幣などを保持していましたが、1864年の禁門の変により木部など多くを焼失以後は休み鉾となります。その後は御神体と懸装品を飾るだけの「居祭り」を行ってきましたが、1997年に宵山のお囃子が復活した後、本格的な巡行復興を目指してきました。2014年は142年ぶりに唐櫃で巡行し、大勢の観光客達から大きな拍手が送られました。ぎしぎしと音を立てて進むその姿は勇壮で、町を練り歩く姿は圧巻でしたね。みんな追いかけながら夢中でシャッターを切っていましたよ。

祇園祭で神功皇后を祭神としているのが占出山・船鉾・大船鉾です。戦のゆくえを占うために鮎を釣られた姿を表したのが占出山、戦に出陣する船を表しているのが船鉾、戦に勝って凱旋する船を表しているのが大船鉾です。よく見ると船鉾の御祭神は鎧姿ですが、大船鉾の御祭神は鎧を脱ぎ狩衣をまとった姿と少し違っています。 「出陣の船鉾」と呼ばれることに対し、大船鉾が「凱旋の船鉾」と呼ばれる由来はここからきています。

以前、釘を一本も使わずに組み立てられた大船鉾の骨組の実物が、京都駅近く京都ヨドバシビルの1階北東角の「京都市無形文化遺産展示室」にて無料で公開されていました。真新しい山鉾を見る非常に貴重な機会に訪れることができて良かったなぁと思っています。訪れた時には、地元の方でしょうか、本当に嬉しそうに鉾の一つ一つを丁寧に説明をしてくれ写真まで撮ってもらったことがあります。待ち望んだ復活後の大船鉾にも目が離せませんね。

大船鉾
住所:京都市下京区新町通四条下る四条町
鉾建て:18日午前7時~
曳き初め:20日午後3時~
ホームページ:http://www.ofunehoko.jp

京都・5月5日は五条通で「のきさき市」 2013

先月出かけたあじき路地で見かけた五条通「のきさき市」のフライヤー。5月5日に五条を歩こうというユーモアさも気に入って、さっそく遊びに行ってきました。

P4052400

五条通のイメージといえばオフィス街。そのオフィスの軒先を借りて行われたのが今回ののきさき市です。街歩きを楽しみながら新たな魅力を発見して欲しいとの思いで始まり、今回は約30〜40ほどのお店と五条通に面するビルが参加しています。アクセサリーや雑貨、洋服やカフェ・古本など様々なお店がありましたが、中でも良かったのは五条通新町の「つくるビル」です。名前のとおり「つくる」ことをテーマにしたアトリエビルで、現在作り手が20組ほど集まっています。古家具や本屋、セレクトショップやアトリエ、アクセサリーショップなど幅広い店舗が楽しめるのは勿論、白と水色で統一されたオサレな雰囲気のビルも魅力的でした。普段も様々な催しもしてますのでぜひ覗いてみては。

P4052406

つくるビルホームページ:http://www.tukuru.me/

知らない街を歩くってワクワクします。こういう催しが様々な京都の各地で催されたら、京都の街の魅力アップに繋がっていくだろうと思います。今回ひとつ残念だったのが、子供連れで参加したので、烏丸通から堀川通の西側しか見れなかったことです。規模が大きいので、バスや自転車など通りを往復する手軽な交通手段があれば有難いと思いました。次回の開催をまた楽しみにしています。

のきさき市
日時:2013年5月5日
場所:五条通(地下鉄烏丸通・五条駅付近)
時間:11時〜18時
ホームページ:http://nokishitakyoto.wordpress.com/