京都の年中行事「8月の催し・伝統行事」

祇園祭が終わり夏の暑さが本格的に。暑い暑い夏のイベントも様々です。8月は夏休みもあり、学生さん向けのイベントもたくさん!お精霊さん迎え・五山の送り火・万灯会など古くから続く行事が多く、家族を思う月でもあります。

8月1日「祇園花街 八朔」祇園界隈 八月朔日(旧暦8月1日)を略したで言葉で、古来より恩義のある人に贈り物をする風習があった日です。舞芸妓さんが絽の黒紋付きの衣装で芸事の師匠やお茶屋に挨拶にまわります。襟足の白粉の筋が2本から3本になったり、「奴島田」という髪型に結い直すといった舞妓さんの正装は特別な日にしか見る事ができない晴れ姿です。

8月1日~5日「盂蘭盆早朝法話」清水寺 連日早朝6時から清水寺盂蘭盆早朝法話を開講しています。朝活しませんか?

8月上旬「京の七夕鴨川二条城・堀川・各社寺 今ではすっかり京都の夏の風物詩となりました。プロジェクトマッピングなど多彩な催しが市内の各地で行われます。梅小路公園・岡崎エリアも追加されています。

8月4日「例大祭」北野天満宮 987年に一條天皇が初めて勅祭を斎行された日にあたり北野天満宮で最も大切な祭典とされています。皇室の繁栄と国家安泰、五穀豊穣、無病息災を祈願します。

8月5日「万灯会・施餓鬼法要」醍醐寺 国宝の五重塔や金堂もライトアップされるほか、上醐では供養の灯がともされる中で「夜まいり」が行なわれ、下醍醐では日没から1000を超える置き灯篭や提灯が灯され、参道が照らされる中「精霊供養法要」や「お施餓鬼(せがき)供養」が行われます。幻想的です。

8月6日「夏越神事下鴨神社 矢取神事とも呼ばれる勇壮なお祭りです。御手洗池に斎竹(いみだけ)を立てて清め、中央に斎矢を立て、奉納された厄除けの人形が流されると裸男たちが一斉に飛び込み矢を奪いあいます。

8月7日「亀岡平和祭」亀岡市 京都府亀岡市の花火大会。日本煙火協会推薦の特選玉を見ることができる数少ない大会です。

8月7~10日「陶器まつり」五条坂一帯 全国の産地から400店余の露店が軒を連ねます。市価の30~50%くらいの値段で掘り出し物がたくさん!昔から京都人はここで陶器を揃えていたそうです。

8月7~10日「六道まいり・迎え鐘」六道珍皇寺 「お精霊(しょうらい)さん迎え」とも呼ばれ、8月7日~10日までの4日間に精霊(御魂・みたま)を迎えるために参詣します。線香の煙が漂うなか、水塔婆を納め、先祖の霊を迎えるため冥土にも届くといわれる梵鐘の「迎え鐘」をつく大勢の参詣者で賑わいます。

8月7~10日「陶器神社大祭」若宮八幡宮社 大祭が行われ、陶器みこしが巡行します。8日10時からは祭礼が行われ、11時からみこし巡行有ります。

8月7~16日「お精霊迎え・送り」引接寺 旧盆のこの日に、ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て各家庭に戻ります。
地域の人々を中心に多数お参りされ、水塔婆を流し迎え鐘をついて、その音にのって皈ってこられる「おしょらいさん」をお仏壇の扉を開いてお迎えします。千本六斎念仏の奉納もあります。

8月8~12日「精霊迎え・六道まいり」大報恩寺(千本釈迦堂)お盆を挟む季節の8月8日から16日、大報恩寺に安置されている重要文化財の「六観音菩薩像」の六道信仰によって、6つの道に迷えるご先祖様や縁者のすべての精霊を迎、供養することで仏様の救いの力をもらい罪滅ぼしと招福を祈る行事です。秘仏として、公開されていない文化財のご本尊・釈迦如来像もこの期間だけはご開帳されます。

8月8~10・16日「万灯会」六波羅蜜寺 関白法要が8日、大万灯点灯法要8~10日におこなわれます。送り万灯点灯法要は16日。大万灯点灯法要では、大の形をした文字に点灯して、先祖の霊を迎えて祈ります。

8月9~16日「盂蘭盆万灯供養会」壬生寺  精霊(祖先の霊)をお出迎えし最終日である16日にお送りします。初日と最終日に壬生六斎念仏の奉納があります。 

8月9日「精霊会」穴太寺  境内には多くの露店が並び、ほおずきを買って仏迎えをする人達で賑わいます。亡き人々の御霊をお迎えする行事で、聖武天皇に始まって以来行われています。

8月中旬「納涼古本まつり下鴨神社
 夏の風物詩となった糺の森での古本まつり。一日中居ても飽きないほどの本が並び、子供向けのイベントも。森見登美彦さんの作品『夜は短し歩けよ乙女』にも出てきますね。

8月14~15日「万灯会法要」大原三千院  18時に御門主御導師により観音堂で点灯式が行われ、不動堂・観音堂前広場を中心とした境内全域に一万本の灯明が点ります。

8月14~16日「東大谷万灯会」東大谷 涼しい夜間にもお盆参りができるよう、境内に参拝者の足元を照らす提灯を灯したことから始まりまった万灯会。18時頃から灯りがともります(21時まで)。期間中17時頃からは、茶所仏間において「仏典童話」の紙芝居、19時からは本堂において万灯会お盆法要も。

8月14~16日「万灯祭」車折神社 全国から献灯された約1000個にも及ぶ様々な願い事の書かれた赤や黄色の紙灯篭を社殿の軒先等に吊るし、点灯して願い事の成就を祈願します。

8月15~16日「松ヶ崎題目踊り・さし踊り」涌泉寺 松ヶ崎が日蓮宗に一村改宗されてより現在まで続いている宗教行事です。題目踊りさし踊りを境内で行い、16日には妙法送り火の点火されます。

8月15日「花背の松上げ」花背八桝町 洛北の山村に伝わる精霊送りと火災予防、五穀豊穣祈願の火の祭典です。河原に差し込んだ約千本の松明に一斉点火され、高さ20メートルの大傘に向かってその松明を投げ上げ、大傘に火をつけます。松明の火跡が雨のようで壮観です。以前テレビ番組で見ましたが、すごい迫力でした。

8月16日「五山の送り火」京都市内五山 夏の夜空にくっきりと浮かび上がる五山の送り火は、京都の夏を彩る風物詩として親しまれています。東山如意ヶ嶽の「大文字」、ほかに松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近大北山(大文字山)の「左大文字」及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の五つ。

8月16日「広沢池灯籠流し」遍照寺・広沢池 精霊さんを送り灯籠を池に流します。五山の送り火と同時に見ることができます。

8月16日「精霊送り万灯流」徳林寺 嵯峨一帯の寺院と信者がつくる嵯峨仏徒連盟が、戦没者の霊を慰めるために、1947年から始まった伝統的な祭事です。渡月橋の大堰川に千数百の万灯籠を流し、お迎えした精霊をふたたび冥府に戻る先祖の霊を供養します。

8月16日「嵐山灯篭流し」嵐山渡月橋 精霊さんを送ります。五山の送り火も見ることができるので、大勢の人で賑わいます。

8月16日「送り鐘」矢田寺 鐘をついて魂をお送りする「送り鐘」が行われます。 

8月17日「金剛王院観音供」一言寺 金剛王院観音供・柴灯大護摩火渡りをする夏季大祭があり、境内は一日中賑わいます。

8月18日「例祭・小山郷六斎念仏上御霊神社 国の重要無形民俗文化財に指定されている「小山郷六斎念仏」が奉納されます。昼間には狂言、夜には御霊太鼓も。 

8月22~23日「六地蔵めぐり」大善寺/地蔵寺/上善寺/徳林庵/浄禅寺/源光寺 都の入口(旧街道)六ヵ所にあるお地蔵さんを巡拝して、家内安全・無病息災を祈願します。各寺で授与された六種のお幡(はた)を入り口に吊すと「厄病退散」「福徳招来」するといわれていて、800年も続いている伝統の行事です。

8月23~24日「千灯供養」化野念仏寺 西院の河原にまつられている数千体の無縁仏にろうそくを灯し、供養する宗教行事です。

8月23日「御本尊御開帳」十輪寺 本尊、延命地蔵菩薩(えんめいじぞうぼさつ)は腹帯地蔵尊と称され、子授け安産の祈願に。毎年8月23日に御開帳されます。

8月24日「久多花笠踊 」志古淵神社・上の宮神社・大川神社 久多(くた)の花笠踊は、京都市左京区の北端に位置する四季折々の美しい自然が残る山間の久多地区に伝承されている芸能で、重要無形民族文化財に指定されています。

8月24日「雲ヶ畑松上げ」雲ヶ畑出谷町・雲ヶ畑中畑町 愛宕明神に火災予防と五穀豊穣を祈願します。二箇所の山の中腹に胴木となる鉄の棒を寝かせ、その先に約4m四方のやぐらを組み、たいまつを文字の形に取付け、心棒を直立させ、夜空に火文字を浮かび上がらせます。

8月24日「広河原松上げ」広河原下之町・観音堂 愛宕神社に火災予防・豊作・家内安全を祈願します。河原や畦道に差し込んだ約千本の松明に点火、高さ約20メートルの大傘へ松明を投げ上げ火をつける勇壮な祭です。四方から上がる火が弧を描き、交錯して夜空を焦がします。

8月25日「吉祥院六斎念仏踊り」吉祥院天満宮 夏季大祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されている六斎念仏が奉納されます。境内には夜店も。

8月最終日曜 「嵯峨天皇祭」梅宮大社 平安京を完成させた嵯峨天皇の徳を偲ぶ祭礼です。少年相撲大会、打楽器演奏などが催され、夜は露店が立ち並びます。

京都の年中行事 「5月の催し・伝統行事」

爽やかな風が気持ちの良い5月。青空と新緑のコントラストに心が躍ります。桜や紅葉の季節も良いですが、この新緑の季節が私的に一番オススメです。ぜひお越しくださいね。

新緑・青もみじに関する記事はこちら→「東福寺 通天橋の青もみじ」
「東福寺塔頭 勝林寺の青もみじ」「東福寺塔頭 退耕庵の青もみじ」
「新緑の法然院へ」

5月1日~9月30日 「鴨川納涼床」 鴨川の右岸の二条大橋〜五条大橋に納涼床が登場します。夏の鴨川の姿といえば、床ですね。

5月1日~9月30日 「貴船の川床」(店により異なる場合があり) 何といっても涼を得られる貴船の床。観光客だけでなく地元の人にも人気です。

5月ゴールデンウィーク 「蹴上浄水場の一般公開」蹴上浄水場 関係者以外立入禁止の浄水場」ですが毎年この時期になると、つつじの名所として施設の一部が一般公開されています。場内には7,000本のツツジとサツキが植えられていて満開時には美しい姿が見れます。

5月満月の夜「五月満月祭(ウエサク祭)」鞍馬寺 5月満月の日、とても神秘的な催し。数百の燈籠に火が入り、鞍馬寺の本尊である魔王尊・毘沙門天・千手観音に幸福と平和を祈願します。現在では参加者が増えたため、終了は22時ごろに変更になり宿泊はできません。ご注意ください。

5月1日~5日 「藤森祭」藤森神社 甲冑姿の武者達が3基の神輿とともに氏子域を巡行する武者行列など祭りは5日間続きます。5日に行われる駈馬神事は落馬したように見せかけるものや、矢の中を疾走するものなどがあり迫力ある姿が見れます。

5月1~4日「ゑんま堂大念仏狂言引接寺(千本閻魔堂) 壬生大念仏狂言・嵯峨大念仏狂言に並び、京の三大狂言の一つ。えんま堂の狂言はセリフ入り。

5月1~4日「大念仏狂言」神泉苑 無言劇。念仏の妙理と勧善懲悪・因果応報の道理をわかりやすく親しまれながら得られるようにと工夫され、身ぶり手まね(ジェスチャー)で説法として始まったのが起源とされます。
 
5月1~5日「虫払定」神護寺 普段非公開の仏画や古文書などを公開します。

5月1~24日「鴨川をどり」先斗町歌舞練場 新緑の京都で華やかな芸舞妓の踊りを。

5月1日「競馬会足汰式上賀茂神社 5日の競馬神事のために馬の年齢や速度などを実際に見て組合わせ表をつくります。

5月吉日「斎王代・女人列御禊神事 」上賀茂神社下鴨神社 葵祭の斎王代以下、女人列に参加する40人の女性が身を清める神事です。

5月2日「お茶壷道中」建仁寺八坂神社 江戸時代に宇治の新茶を将軍様に献上にあがった行列を再現しています。

5月3日「流鏑馬神事下鴨神社 葵祭の人気行事。糺の森は流鏑馬を一目見ようと大勢の観光客で埋めつくされます。

5月3日「狸谷山大般若祈願会」狸谷山不動院不動院 大般若経は西遊記で有名な三蔵法師玄奘が作り上げた字数500万字、600巻に及ぶ最大規模の経典を「転読」という方法で読み上げます。

5月5日「賀茂競馬会神事上賀茂神社 1馬身の差をつけて2頭の馬がスタートし、差が広がれば前の馬の勝ち、狭まれば後ろの馬の勝ちとなります。勇壮な神事。

5月5日「歩射神事」下鴨神社 蟇目式(ひきめしき)で四方の邪気を祓い、屋越し式・大的式・百矢式と続きます。

5月上旬 「大原女まつり」大原一帯 大原女着付け体験が割引などイベント盛りだくさんです。

5月5日「神幸祭 鳳輦巡行」新熊野神社  獅子舞・鳳輦・稚児武者などの行列が練り歩きます。山伏(聖護院)も行列に参加して、神仏混合で祭事が行われます。

5月5日「大峰山入峰修行」赤山禅院 日本唯一の女人禁制のお山、大峰山(奈良県吉野郡)で狸谷山修験者は修行をします。

5月中旬~ 「大田ノ沢の杜若群落の見頃」大田神社 カキツバタの葉っぱの新緑色に染まった大田ノ沢の上に、群青色の綺麗な花が咲いて見事な景色が広がります。尾形光琳が国宝『燕子花図屏風』を描く際に大田ノ沢のカキツバタをモデルにしたとされています。

5月第2土日 「菅大臣祭」菅大臣天満宮 初日に山伏のお練り、2日目には拝殿にて狂言奉納があります。自由鑑賞。

5月第2日曜 「新日吉(いまひえ)祭」新日吉神宮  祭官が祝詞を述べ、門跡が読経する神仏混淆の貴重な行事が行われます。妙法院門跡による御法楽の舞も。

5月11日以後の日曜日「松尾祭・還幸祭松尾大社 三御旅所に駐輦された唐櫃と6基の神輿が松尾大社に戻られるお祭りです。神輿渡御祭の中心で、今でも氏子中では「おまつり」といえばこの祭を意味します。

5月12日「御蔭祭」御蔭神社・下鴨神社 葵祭を前に、下鴨神社の祭神の荒御魂(あらみたま)を比叡山山麓の御蔭神社から下鴨神社に迎える神事です。東遊の奉納も。

5月12日「御阿礼神事」上賀茂神社 祭儀中最も古く且つ重儀の神事で、秘儀として一般の奉拝はありません。

5月15日「賀茂祭(葵祭)下鴨神社上賀茂神社 上賀茂神社と下鴨神社という賀茂氏の神社で五穀豊穣を祈願する祭りが、平安遷都を境に国家的な祭りへと発展。藤の花で飾られた牛車や輿(こし)に乗った「斎王代」を中心にした行列が、御所を出て下鴨神社、上賀茂神社へと向かいます。

5月第3日曜 「三船祭車折神社 大堰川の川面では竜頭船(管弦楽)、詩歌船、歌謡船、流扇船など多数浮かびます。華麗な王朝船遊びです。

5月第3日曜 「嵯峨祭(神幸祭)」野宮神社愛宕神社 愛宕・野宮両神社の祭礼で、神輿が嵯峨釈迦堂前の御旅所まで巡行します。稚児行列、子供神輿剣鉾巡行。随行、愛宕神輿、野宮神輿、神酒車も。

5月18日「御霊祭」上御霊神社 都で最古の祭礼といわれ、平安装束の氏子ら約500人と鉾、神輿3基の行列が北区一帯を5時間近くかけて練り歩きます。夜には露店も出て地元の人々であふれます。

5月第4日曜 「嵯峨祭(還幸祭)」野宮神社・愛宕神社 両神社の祭礼です。先週の神幸祭につづいて剣鉾・稚児行列などがあります。

5月28日「流鏑馬」城南宮 承久の乱に由来する流鏑馬です。

5月28日「業平忌三弦法要」十輪寺 56歳で没した業平の忌日法要が行なわれます。多くの俳人・歌人が集い、舞踊・京舞の奉納や、献花も。

5月30日「御懺法講(おせんぼうこう)」三千院 本来、御所で行われていた天皇家の回向法要です。声明と雅楽による華やかな平安絵巻さながらの伝統法要で華やかで重要な催事。

おまけ☆ビールがおいしくなるこの時期に!→「サントリー京都ビール工場見学