そうだ京都、行こう。2017年春はやはり「二条城」

でそろそろと思っていたら、そう。今年も発表になっていましたね。毎年おなじみのJR東海「そうだ京都、行こう。」2017年春のキャンペーン地は二条城です。関東方面ではすでにCMがはじまっていて、桜の美しい映像が流れているもよう。

タイトルに「やはり」と書いたのは、大政奉還150年を迎えた二条城では今後様々なイベントが催される予定で、その一環としてもしかして…と思っていたからです。2003年の築城400年を迎えたときにも、キャンペーン地に選ばれていますしね。夜桜ライトアップ(2017年3月24日~4月16日 18:00~21:00)を和装の姿で訪れると無料だそうなので、ぜひ着物でお出かけして下さいね。見どころは、降るように咲く「紅しだれ桜」、そして丸い形がかわいらしい「サトザクラ」でしょうね。

二条城についての記事はこちらからどうぞ→京の七夕 その2「元離宮二条城」二条城二の丸御殿が踊り出す

今年はどんな桜を見ることができるでしょうか。楽しみで仕方がありません。JR東海のHPはこちらから。

二条城
住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
拝観料:600円
HP:http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/index.html

2016年!山一番の「山伏山」 復興支援「「蛍丸サイダー」販売中

今年の山一番を引き当てたのは「山伏山」です。くじ運や縁起が非常に良いということで、引き当てた山や鉾には毎年人気が集中します。

そんな山伏山では今年、熊本地震の復興支援として阿蘇神社ゆかりの名刀「蛍丸」にちなんだ特産品「「蛍丸サイダー」(税込300円)を販売をしています。蛍光を連想させる鮮やかな黄緑色が特徴で、夏にぴったりのマスカット風味です。サイダーの売り上げの一部は倒壊した阿蘇神社の復興へ寄附されます。宵山の期間中、会所ではサイダー4,000本を準備しており、他にも様々な熊本県の特産品が並ぶ予定です。14日午後にはあのくまモンも応援に!

他にも東日本大震災の復興支援も行われます。こちらは全額寄付の可愛らしい「てるてる坊主」の授与品も。まさにつながる祇園祭。宵山はまだまだ始まったばかりです。

山伏山:中京区室町通蛸薬師下ル