京都の年中行事「12月の催し・伝統行事」

今年もなんと、そろそろ師走です。慌ただしい日々が続きますが、心は穏やかにいたいものです。冬の風物詩としてしられる「大根焚き」や「かぼちゃ供養」なども行われ、本格的な冬を迎えます。来年はどんな年になるのでしょうか。

12月1日「献茶祭」 北野天満宮 豊臣秀吉公が北野松原にて行った「北野大茶湯」のゆかりにより行われます。献茶式は10時~、茶席は9時~15時 HP

12月初旬「花街総見(かがいそうけん)」 京都・南座 京都の五花街の芸舞妓たちが芸事の勉強を兼ねて歌舞伎の吉例顔見世興行を観劇します。何と華やかなこと!祇園甲部・先斗町・宮川町・上七軒・祇園東とそれぞれ日にちを変えて訪れます。

12月第1日曜日「しまい大国祭」 地主神社  14時〜毎月行われている大国祭の年内最後の祭典です。要拝観料。

12月第1日曜日「大根焚き(御会式)」三宝寺 一年の罪汚れを落とす厄よけ祈祷が行われ後、大根焚きがふるまわれます(有料)。 関連HP

12月7〜8日「大根だき」 千本釈迦堂 釈迦が悟りを開いた日を記念して行われる厄除けの大根供養。中風の厄よけにもなり、毎年大勢の人が訪れる冬の風物詩です。 関連HP

12月8日「針供養」 法輪寺 13時〜(法要) 裁縫に使われた際に、折れたり曲がったり錆びたりした針などの古い針をこんにゃくや豆腐などに刺して供養します。 HP

12月9〜10日「鳴滝の大根だき」 了徳寺 大釜で炊かれた大根を食べて中風よけとする冬の風物詩です。HP

12月10日「終い金比羅」 安井金毘羅宮 10時〜 一年の最後の金比羅大神様の御縁日です。この日から授与所にて縁起物の「稲宝来」の授与が行われます。 HP

12月13日「事始め」祇園周辺 正月の準備をはじめ、芸舞妓さんたちが「おことうさんどすー」といいながらお世話になった方へ挨拶に行く風習です。なかでも祇園のものがよく知られていて、カメラを持った観光客たちの場所取り合戦も。鏡餅を持って特にお世話になった師匠のところへ挨拶に行く姿が見られます。

IMGP1217

12月13日〜31日「空也踊躍念仏(かくれ念仏)」 六波羅蜜寺 空成上人が疫病救済のためにはじめた念仏です。 HP


(渡月橋 中の島公園)

12月中旬~下旬 「嵐山花灯路」 嵐山一帯 平成15年度から始まった催しです。京都を代表する社寺をはじめ、歴史的な文化遺産やまち並みなどを、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと花により照らしています。

12月14日「義士会法要」 法住寺 10時30分〜(法要)大石良雄が仇討ち祈願した身代不動明王を御本尊としています。舞妓さんによる献茶式が行われ、島原より大夫さんが大夫道中します。 関連HP

12月14日「義士まつり」 山科区一帯 義士をしのぶ多彩な行事を行われます。義士行列は毘沙門堂10時~から、大石神社は15時着。 HP

12月20日「お煤払い」 東本願寺・西本願寺 1年間にたまった両堂のほこりを門信徒らの協力によって払い出す行事です。大うちわを使ってほこりを払います。 西本願寺HP東本願寺HP

12月21日「終い弘法」 東寺 年の最後の弘法さん。毎年大勢の人で賑わいます。 HP

12月冬至の日「かぼちゃ供養」 不思議不動院 10時〜14時 冬至の日に中風よけやぼけ封じのかぼちゃ供養が行われます。 関連HP

12月23日「かぼちゃ供養」 矢田寺 たくさんのかぼちゃが備えられ一年の無病息災を祈ります。大釜で炊かれたかぼちゃが先着1,000名に配られます。 関連HP

12月25日「終い天神」 北野天満宮 年の最後の天神さん。弘法さん同様、大勢の人で賑わい活気に溢れます。 HP

12月25日「御身拭式」 知恩院 13時〜 古式により法然上人の木像を清め、衆生の罪障消滅を祈願します。 HP

12月27日「除夜の鐘・試し撞き」知恩院 親綱をひく僧(1人)と子綱をひく僧(16人)が「え〜い、ひと〜つ」「そ〜れ」の掛け声に合わせて除夜の鐘の本番さながらの迫力で試し撞きをします。最初は混み合いますが徐々に前で見えるようになりますよ。

12月31日「おけら参り」 八坂神社 招福除災を願って参詣者はおけら火を吉兆縄に移し持ち帰り新年を祝います。おけら火授与は19時30分より。 HP

12月31日「除夜の鐘」 各神社 人間の108の煩悩を消滅し、光明の新年を迎えます。

12月31日「火之御子社鑽火祭」 北野天満宮 古式どおり鑽火により新しい火をきり出して鑽火祭が斎行されます。

皆様にとって良い新年となりますように。 トコトコト

京都より春の訪れを「梅の便り・名所 2017年まとめ」

まだまだ寒い日が続きますが、ゆっくりと少しずつ春の訪れを告げる便りが聞こえてきます。京都には桜だけでなく梅の名所も数多くあります。一足早い春を感じてみては。


(北野天満宮「梅苑」2012年2月10日)

北野天満宮 住所:京都市上京区馬喰町
京都きっての梅の名所です。50種・2000本以上の梅の木が植えられています。
2月25日には梅花祭も開催されます。
見頃:2月上旬~3月下旬
拝観時間:10時~16時
梅苑公開:2月初旬〜3月下旬、入園料700円(茶菓子付き)
ホームページ:http://kitanotenmangu.or.jp/

元離宮二条城 住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
南西に位置する梅苑には50種・約130本の梅の木があります。
紅梅、白梅、桃色梅、そして1本の木に紅白の花を咲き分ける源平咲き分けなどが見れます。
見頃:2月中旬~3月上中旬
入城料金:600円
拝観時間:8時45分間~17時 (入城は16時まで)
ホームページ:http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/

京都御苑 住所:京都市上京区京都御苑3
蛤御門の南側・250本ほどの梅が咲く梅苑があります。
見頃:2月中旬~3月上旬
拝観料:無料
ホームページ:http://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/index.html

勧修寺 住所:京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
江戸時代に京都御所から移植された「臥竜の老梅」で知られる梅の名所です。
見頃:2月中旬~2月下旬
拝観料:400円
関連ホームページ:http://www.kyoto-ga.jp/greenery/kyonomidori/history/history_001108.html

随心院 住所:京都市山科区小野御霊町35
境内には広大な「小野梅苑」があり、毎年大勢の観光客が訪れます。3月31日には「はねず踊り」が披露されるお祭りがあり、紅梅はちょうどこの頃に見頃を迎えます。
見頃:3月中旬~3月下旬
拝観時間:9時~16時30分
梅園:500円
ホームページ:http://www.zuishinin.or.jp/index.html

府立植物園 住所:京都市左京区下鴨半木町
園内には2ヶ所の梅林があり、150本ほどのさまざまな梅を堪能できます。
見頃:2月下旬~3月下旬
拝観時間:9時~17時(入園は16時まで)
入園料:200円
ホームページ:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

下鴨神社 住所:京都市左京区下鴨泉川町59
御手洗橋に架かる輪橋のたもとに咲く紅梅は、江戸時代の画家・尾形光琳が国宝「紅白梅図屏風」で描いた風景だといわれています。
見頃:2月中旬~3月上旬
拝観時間:6時30分~17時
拝観料:無料
ホームページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

大豊神社 住所:京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
洛中一ともいわれる枝垂梅が有名です。椿の名所としても知られています。
見頃:3月上旬~3月下旬
拝観料:無料

祇園新橋 住所:京都市東山区祇園新橋
石畳の道・白川の流れ、タイムスリップしたかのような風景に可憐な梅の花が咲き誇ります。灯りがともされる夜もオススメです。
見頃:2月下旬~3月中旬

梅宮大社 住所:京都市右京区梅津フケノ川町30
境内ににある西神苑・北神苑を中心に550本ほどの梅の木が咲きます。1本で紅白を咲き分ける「想いのまま」、枝が金色の「金枝梅」などの変わった種もあり。3月3日には「梅・産(うめうめ)祭」が開催されます。
見頃:2月中旬~3月中旬
拝観時間:9時~17時
神苑入園料:550円
ホームページ:http://www.umenomiya.or.jp/


(城南宮「茶室」2012年3月13日)

城南宮 住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
2月下旬の神苑には約150本の枝垂れ梅が咲きます。見頃の椿と合わせて2月18日~3月21日まで「枝垂梅と椿まつり」が行われます。期間中は午後3時から神職による由緒などの案内もあります。
見頃:2月下旬~3月下旬
拝観時間(神苑):9時~16時30分(受付は16時まで)
拝観料:境内は無料、神苑拝観料600円
ホームページ:http://www.jonangu.com/

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡 住所:京都市右京区嵯峨大沢町4
見頃:3月上旬〜3月下旬
大沢池のほとりには梅林があり、のんびりと梅を堪能できます。こちらだけなら無料です。
ホームページ:http://www.daikakuji.or.jp

清凉寺(嵯峨釈迦堂) 住所:右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
隠れた梅の名所です。樹齢350年・和泉式部ゆかりの「軒端の梅」があります。
見頃:2月下旬~3月下旬
拝観時間:9時~16時
拝観料:境内は無料、梅苑は400円

番外編
三十三間堂「春桃会」 住所:京都市東山区三十三間堂廻り町657
堂の名前に因みに三の重なる桃の節句に行われる法会です。瀬戸内寂聴師の青空説法や千体観音像を特設の高壇からの遥拝があります。境内は無料公開となり、様々な慶祝行事が催され大勢の人で賑わいます。限定の女性専用「桃のお守り」の授与もあり。
開門時間:8時~17時(11月16日~3月は9時~16時)
ホームページ:http://sanjusangendo.jp/index.html