春の大報恩寺「千本釈迦念仏」

毎年12月の「大根だき(だいこだき)」で有名な「千本釈迦堂」こと「大報恩寺」では、毎年3月22日に「千本釈迦念仏」が営まれています。今年は桜の開花が遅れているのか境内のおかめ桜はつぼみだけです。

「千本釈迦念仏」は兼好法師『徒然草』にも記されていて、700年以上前の文永年間(1264-75)に如輪上人が創始した大報恩寺に伝わる特別な法要です。釈迦の涅槃の日(旧暦二月十五日)に釈迦の最后の『遺教経』を誰にでも分かり易く一語一語、訓読みで律(ふし)を付けて奉詠し、お経の終わりには「南無釈迦牟尼佛」と、釈迦の名号を声明の古律で唱えます。

国宝である本堂の中には「涅槃図」も特別に公開されています。どのお寺さんでも「涅槃図」は特別公開される日が限られていますが、機会があればぜひ見比べてみると良いと思います。清凉寺や本法寺でも同様の「涅槃図」を拝見しましたが、同じ場面を描いていても絵師によってその表現は様々です。

ともすれば難解なお経や教えを、人々に分かり易く伝えるための工夫として考えられた読経スタイルのようです。「読む」と「歌う」の中間ぐらいの感じで、複数の僧侶によるユニゾンによって生み出される独特の高揚感は素晴らしいと思います。

千本釈迦堂「千本釈迦念仏」
日時:毎年3月22日(14:00)
場所:千本釈迦堂(大報恩寺)
住所:〒602-8319京都市上京区五辻通六件町西入ル溝前町1305
境内拝観:無料
霊宝館:500円

美味。千本釈迦堂「大根だき」2011

「千本釈迦堂」こと「大報恩寺」にて、毎年12月7日と8日に「大根だき(だいこだき)」が営まれます。

毎年の師走を迎えた京都の風物詩にもなっている「大根だき」には、毎年1万人近い参拝者が訪れます。祈祷した約5000本の大根がうす揚げと一緒に出汁と醤油で柔らかく煮てあります。これを食するには、境内参道右側で引換券を1000円で購入します。大根授与の開始は10時からです。10時半くらいには引換券を買う長蛇の列が出来上がっていました。

鎌倉時代に、大報恩寺の慈禅上人(じぜんしょうにん)が、お釈迦さまが悟りを開いたとされる「成道会(じょうどうえ)」の12月8日に大根を切って、そこに梵字を書いて魔よけとしてふるまった、という故事にちなんでいます。祈祷された大根を食べると中風・諸病封じ健康増進の御利益があるとされています。

煮た大根だけでなく丸々の聖護院大根も1000円(※御祈祷料含む)で授与されていました。もちろん墨で梵字が書かれています。京野菜の冬を代表する聖護院大根は、カブのように丸い形をした大きなダイコンです。煮くずれしにくいのに軟らかくて味がしみ込みやすく、溶けるような口当たり。これは美味しいです。

境内の紅葉もまだ色付きを楽しめます。大根だきは明日の12月8日も営まれています。授受予定は16時までになっていますが、大根が売り切れば終了です。8日のみ9時から成道会法要も営まれます。ぜひ京都の冬の風物詩を味わってください。

12月9日と10日には「大根焚寺」とも称される「了徳寺」で「報恩講(大根焚)」が営まれます。こちらで煮られる大根は亀岡盆地特産の貴重な「篠大根」です。了徳寺には京福電鉄の鳴滝駅が近いです。

千本釈迦堂「大根だき」
日時:毎年12月7日と8日(10:00-16:00)
場所:千本釈迦堂(大報恩寺)
住所:〒602-8319京都市上京区五辻通六件町西入ル溝前町1305
境内拝観:無料
大根授与:1000円(祈祷済)
霊宝館:500円

-関連記事-
 →千本釈迦堂「おかめ節分祭」2013
 →冬空の下で味わう「大根だき」千本釈迦堂 2012
 →春の大報恩寺「千本釈迦念仏」

[amazonjs asin=”B004OASN10″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”アルミス 家庭用電動耕運機 耕す造 ATP-700WR”]