色鮮やかな行列を再現「斎宮行列 野宮神社」

右京区の野宮神社(ののみやじんじゃ)で20日「斎宮行列」が行われました。「斎宮(斎王)」とは、天皇の即位ごとに伊勢神宮に仕える御杖代(みつえしろ)として選ばれた未婚の皇女のことをいいます。斎王が任命を受け、都から伊勢の斎宮へと向う6日間の旅。その前に心身を清めるためにこもる潔斎所が野宮神社付近にあったとされています。飛鳥時代のころから660年ほど続いた1,000人以上の華やかな行列を再現。「源氏物語」の世界さながらの光景が楽しめます。今年は先月の台風で被災した吉田佳菜さんが斎宮代を務めました。

<斎宮行列スケジュール>
場所:嵐山通船 北乗船場
野宮神社より12時に出発
JR嵯峨嵐山駅~天龍寺前~渡月橋往復(中之島公園)
嵐山通船北乗船場着 午後1時30分予定
御禊の儀 午後2時
雅楽奉納

今年はあいにくの雨に見舞われ「御禊の儀」は中止となりました。来年は晴天に恵まれると良いですね。復興に向けて少しずつ動き出している嵐山。今年の秋はぜひ嵐山へお越し下さい。

良縁のご利益で知られる野宮神社。鳥居の形式としては日本最古の「黒木鳥居」や苔庭の「野宮じゅうたん苔」もあります。雨に映える緑苔は見事で一見の価値ありです。
過去記事→「竹林の聖域で祈る恋 野宮神社」

野宮神社
住所:京都市右京区嵯峨野宮町1
境内自由
ホームページ:http://www.nonomiya.com/index.html

「梵燈のあかりに親しむ会 東林院・夜間特別拝観」

妙心寺の塔頭「東林院」では「梵燈(ぼんとう)のあかりに親しむ会」が開催中です。手づくりの瓦製梵燈や古瓦の上に約400本のろうそくが灯り、幻想的な世界を映し出す庭園を眺める優雅なひと時を楽しめます。ぼんやりした光の中に佇み、己と向き合う時間。疲れきった現代人にはぴったりの催しなのかもしれません。期間は10月4日(金)~10月14日(日・祝)の11日間です。虫の声、そして水琴窟(一壺天)の音を聴き夜空に浮かぶ月を眺める、そんな贅沢な夜になること間違いないでしょう。小さな子供が居るとなかなか訪れにくいイベントではあるのですが、いつの日か足を運んでみたいものです。

1月には「小豆粥で新春を祝う会」、6月には「沙羅の花を愛でる会」など東林院では季節ごとに興味深いイベントが行われています。普段は非公開の塔院を拝観できる貴重なこの機会にぜひ。

梵燈のあかりに親しむ会
住所:京都市右京区花園妙心寺59
開催期間:2013月10月4日〜14日
時間:18時〜21時(入門は20時30分)
拝観料:500円