哲学の道で初ホタル観賞

「哲学の道」や「白川疎水通」沿いでは、6月初旬〜6月中旬まで源氏蛍(ゲンジボタル)を観賞することができます。

今年も蛍の保護に努める方々のおかげで2012年5月31日に「哲学の道」にて人生初の蛍を観賞することができました。疎水分線の若王子橋から銀閣寺橋に至る「哲学の道」周辺ではゲンジボタルが観賞できます。生息地も含めて国の天然記念物に指定されています。

まだまだ匹数は少ないですが、弥勒院前で5匹、銀閣寺道バス停そばで8匹です。時間帯はやや遅めで20時を過ぎたくらいから発光する匹数が増えて21時前までじっくりと観賞できました。これから6月初旬〜6月中旬にかけてその数が増えていくでしょう。

良好な自然環境が残っているということの指標になっているゲンジボタルが京都市街地に接した場所で生息しているというのは本当に貴重です。ぜひとも後世まで残していって欲しいと切に思います。ホタルは虫なので、ホタル観賞の際は虫除けスプレーや蚊取り線香は御法度です。そしてカメラフラッシュや懐中電灯をホタルに向けるのも交尾を邪魔することになり、翌年の匹数が減少してしまう懸念があります。この美しい光を後世に残していくためにも絶対にマナーは守りましょう。

「哲学の道」のゲンジボタル
観賞時期:5月末〜6月中旬
時間帯:19時半〜21時