知恩院 「ミッドナイト念仏 in 御忌」が話題です。

毎年4月18日~25日に知恩院で行われているのが「御忌大会(ぎょきだいえ)」です。法然上人が亡くなった日を記念して行われおり、知恩院ではいちばん大きく重要な法要のことをいいます。期間中には国宝の三門楼上内で夜通し念仏を唱える「ミッドナイト念仏 in 御忌」が行われ毎年話題となっています。

普段は非公開の三門の上のお堂が開かれ、夜8時から朝方まで木魚ををたたき念仏を唱えます。出入りは自由で誰でも参加できるとあり毎年長い行列ができるそうです。独特の雰囲気と一体感が癖になると、一度参加すると毎年訪れるようになる人も多いのだとか。宝冠釈迦牟尼仏像や十六羅漢像を前に自分を見つめなおす良いひと時となりそうです。わたしも来年は忘れず参加しようと思います。

期間中はさまざまな催しも行われています。付近には清水寺高台寺などの観光地も近くアクセスも便利です。

過去記事→「知恩院ライトアップ 2011」「京都・東山花灯路2012「知恩院」」

知恩院「ミッドナイト念仏 in 御忌」
住所: 京都市東山区林下町400
日時:4月18日 20時~明朝
参加自由
ホームページ:http://www.chion-in.or.jp/index.php

舞台に花を添える 芸舞妓「花街総見」

京都の師走恒例である歌舞伎の「吉例顔見世興行」を観賞し、芸舞妓達が芸の勉強にとする「花街総見(かがいそうけん)」がはじまりました。桟敷席には艶やかな衣装姿の芸舞妓達がずらりと並び、舞台に華を添えていました。京都では師走の季節を感じる毎年恒例の行事です。2日は祇園甲部、3日に先斗町、4日に宮川町、5日に上七軒、9日に祇園東と五花街の芸舞妓たちが観劇に訪れます。


(2012年12月)

華やかですね。寒さの中にも新しい年を迎えるというフレッシュな気持ちでいっぱいになります。

花街総見
住所:京都府京都市東山区四条大橋東詰
日時:12月2日〜
南座ホームページ:http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/