明和電機×ヤノベケンジのジャイアントオタマトーンが京都市役所前で火を噴く!!

口から火を噴く巨大ロボット、ジャイアントオタマトーンが京都市役所前広場に降臨しま­した。

このジャイアントオタマトーンはヤノベケンジさんと明和電機、ドラマ「オー!マイキー」などで知られる映像作家­・石橋義正さんによる、「京都国際映画祭2014」のアート部門招待作品の共同制作プロジェクト「激突プロジェクト」に含まれる作品のひと­つです。京都造形芸術大学の学生さんも参加しています。

制作過程を全3話のショートムービーとして公開していますので、ぜひそちらもご覧ください。


映画「G.O.ファイヤー」第一話 明和電機の襲来!


映画「G.O.ファイヤー」第二話 激突の予感


映画「G.O.ファイヤー」第三話 ウルトラ大爆発

ここ京都には古き良き都としての伝統的な側面だけでなく、有名な大学や美大が数多くあり、そこでは若い学生たちとともに新しい日本の発想がたくさん育っています。

明和電機×石橋義正×ヤノベケンジ「G.O.ファイヤー」
▼日 時:10月18日(土)18:00 – 19:00
▼会 場:京都市役所前広場
入場無料
※雨天の場合は内容が変更になります
▼詳 細:http://ultrafactory.jp/news/1018_go.html

京都アートイベント「依代プロジェクト」下鴨神社編

世界文化遺産として知られる上賀茂神社と下鴨神社、石清水八幡宮、大原野神社、北野天満宮、貴船神社、城南宮、豊國神社、松尾大社、吉田神社など、京都の観光名所として知られる十の神社神域にアート作品が特別展示される「依代(よりしろ)プロジェクト」が10月4日から開催されています。

この「依代プロジェクト」は、全国の若手アーティストから伊勢神宮の式年遷宮をお祝いする「依代」を公募。遷御が斎行される本年10月を期して、京都の代表的な神社神域を会場に展示する、二十年に一度だけのアートプロジェクトです。

出展作家:淺野健一、石原麻伊、太田代なほ、大平龍一、大舩真言、唐木みゆ、小坂学、小林賀代子、高橋知佳、武田充生、中野克俊、楢木野淑子、姫野亜也、福田ちびがっつ翔太、松田壯統、三宅由里子、山﨑真由子、渡部あずさ、崔任廷(チェ・イムチョン)、尹星皓(ユン・ソンホ)、ロゴスとフューゴ(城勝彦/山下夏木)

art1
中野克俊「杜の守り神」

_art2
淺野健一「オーパーツ」

主催/運営:神々への捧げものアートコンペ実行委員会
共催:京都府神社庁後援:神社本庁、伊勢神宮式年遷宮広報本部
協力:石清水八幡宮、大原野神社、上賀茂神社、北野天満宮、貴船神社、下鴨神社、城南宮、豊國神社、松尾大社、吉田神社
期間:2013年10月4日(金)~ 2013年12月21日(土)
ホームページ:http://www.compe-kyoto.org/yorishiro/

各神社で展示期間が異なっていますので詳細は公式ホームページにてご確認ください。先日の台風の影響で一部の展示期間についてはポスターやパンフレットなど印刷物に記載されている期日から変更されています。