京都・迫力の御神輿担ぎ「御霊祭」2013

御霊さんの名で親しまれている上御霊神社で今年も御霊祭が営まれました。今年は約140年ぶりに神幸列全体が京都御苑内を巡行するとあって非常に注目を集めたお祭りとなりました。悪霊退散を祈願した平安期の御霊会を起源とし長年続いていましたが、明治初期に途絶えてしまいました。近年に復活し、今年から神輿を含めた牛車(ぎっしゃ)などすべての祭列が御苑内に入ります。

12時30分すぎに上御霊神社を神社を出発すると、3基の神輿(小山神輿・今出川口神輿・末廣神輿)はそれぞれのルートへと巡行を始めます。開始からものすごい熱気でその勢いに圧倒されます。掛け声もそれぞれ異なり非常にユニークです。末廣神輿は「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ」と声を上げながら手も動かし進むという独特のスタイルを持っています。巡行ルートはその年ごとに変わるようなので、事前にチェックしておくことをオススメします。

御神輿は「たまこまーけっと」のロ­ケ地としてアニメファンに聖地巡礼されている出町桝形商店街の中へも巡幸します。小山神輿を先頭に狭い商店街を進んでいきますが、カメラマンや地元の住民、アニメファンも混ざり合い大盛り上がりです。

その後、河原町今出川の交差点を経て、5時すぎに今出川御門から御苑に入ります。約200メートル先にある京都御所北側の朔平(さくへい)門前で神輿3基がずらりと並び担ぎ上げる姿は鳥肌がたつほど素敵でした。担ぎ手の皆さん、地元の皆さんお疲れ様でした。聞くところによると、お祭りの日5月18日は毎年晴天に恵まれるとのことです。来年も楽しみですね。

上御霊神社・御霊祭
住所:京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495
日時:毎年5月18日
時間:12時30分〜19時ぐらい

伏見稲荷大社御旅所「稲荷祭-区内巡行-」2013

京都イオンモールそばの伏見稲荷大社御旅所にて4月28日に伏見稲荷大社「稲荷祭」の巡幸祭(区内巡行)が行われました。

伏見稲荷大社の御旅所から出発した5基の御神輿がそれぞれの区内を練り歩き、夕方頃から順次、伏見稲荷大社御旅所へと戻ります。伏見稲荷大社の御旅所は、か­つて「油小路七条」と「八条坊門猪熊」の2ヶ所だったのが豊臣秀吉の命令でここに転地したそうです。

一番手として不動堂(田中社) 神輿が宮入りをしました。堂々と参道を進み、神輿を入れるお宮の前で神輿回しが行われます。掛声と鳴閂の音で境内が覆い尽くされるくらいに景気が良いです。

次に、塩小路・中堂寺(下之社)神輿が戻ってきました。その後も西九条(中之社)神輿、東九条(上之社)神輿、八条・東寺(四之大神)神輿が続々と境内へ戻ってきました。5基すべての御神輿が御旅所へ安置された後には六斎念仏が奉納されました。

伏見稲荷巡幸祭(区内巡行)
開催日:2013年4月28日
住所:〒601-8416 京都府京都市南区西九条池ノ内町98
電話:075-681-2616
最寄駅:京都駅/東寺駅

現在の京都三大祭りは「葵祭」「祇園祭」「時代祭」ですが、なるほど言われてみれば明治に始まった「時代祭」だけ他の二つの祭と比べると歴史が浅いですね。

↑「稲荷祭」について調べていたらYoutubeで昭和10年に営まれた伏見稲荷大社「稲荷祭」の映像を見つけました。貴重な動画ですね。