「稲荷祭」四之大神(東寺八条)神輿

4月29日に伏見稲荷大社「稲荷祭」の巡幸祭が営まれました。

毎年「稲荷祭」期間中の日曜日に、5基の神輿が各氏子区内を巡幸します。「稲荷祭」の神輿に関連した奉仕は五ヶ郷が担当していて、不動堂(田中社)、東九条(上社)、塩小路中堂寺(下社)、西九条(中社)、東寺八条(四之大神)です。

それぞれが区内巡行を終えて最後5基目の四之大神の神輿が伏見稲荷大社御旅所にて再び宮入りしました。

最後まで天気に恵まれて無事に区内巡行が営まれました。次は5月3日の「還幸祭」です。神輿が御旅所を出発するのは14時頃です。およそ2時間ほどかけて伏見稲荷大社まで5基の神輿が向かい、伏見稲荷大社の本殿にて「還幸祭」が営まれます。

「稲荷祭」田中社(不動堂)神輿

4月29日に伏見稲荷大社「稲荷祭」の巡幸祭(不動堂田中社本祭)が営まれました。

伏見稲荷大社の御旅所から出発した5基の御神輿がそれぞれの区内を練り歩き、夕方頃から順次、伏見稲荷大社御旅所へと戻ります。伏見稲荷大社の御旅所は、か­つて「油小路七条」と「八条坊門猪熊」の2ヶ所だったのが豊臣秀吉の命令でここに転地したそうです。

16:50頃に一番手として田中社(不動堂)神輿が宮入りをしました。堂々と参道を進み、神輿を入れるお宮の前で神輿回しが行われます。掛声と鳴閂の音で境内が覆い尽くされるくらいに景気が良いです。

氏子祭りだからなのか原因は分かりませんが、境内には観光客がほとんどいなくて、見物客も神輿参加者の家族が多かったです。これは非常に勿体無い。こんなに迫力のある神輿回しを5基も見られる機会は滅多にありません。5月3日にもこの御旅所→東寺→伏見稲荷大社へと神輿が行きますのでぜひ見物に行ってください。

伏見稲荷巡幸祭(不動堂田中社本祭)
開催日:2012年4月29日