京都で厄除!楽しみ盛りだくさんな節分祭ガイド 2018年

今年もやってきました、いよいよ節分祭の季節です。最もわくわくするといっても過言ではない、お楽しみいっぱいのこの催しは2月2〜3日にかけて様々な社寺で開催されます。京都の節分は個性あるものが多く、毎年どの節分祭に行こうかと悩んでしまうほどです。今年は各節分祭のオススメポイントも追加してみました。情報に誤りのないように気を付けていますが、必ず詳細を御確認の上お出かけください。

鞍馬寺「追儺式」 日時:2月3日 14時~
住所:京都市左京区鞍馬本町1074
愛山費:300円、中学生以下は無料
オススメポイント:陰陽師が祭文を読み上げ、桃の弓に矢をつがえて鬼を払う宮中行事が再現されます。
HP:http://www.kuramadera.or.jp/index.html

狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)「狸谷山節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市左京区一乗寺松原町6
福引大会9時~、祈願祭10時~、豆まき11時30分、13時、14時30分
入山料:500円、福引大会:1回200円(空くじなし)
オススメポイント:追儺豆まき式、厄除け大護摩祈祷、そして弘法大師が唐より授かった真言宗独特の祈祷法「星まつり福よせ祈願」が行われます。

上賀茂神社節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市北区上賀茂本山339
古神札焼上10時~、福豆まき13時~、14時~(数量限定で景品あり)
接待:甘酒(10時~無くなり次第終了)
ホームページ:http://www.kamigamojinja.jp/index.html
オススメポイント:上賀茂節分手づくり市も同時開催(10時〜15時ごろまで)され、一日中境内は賑わいます。

北野天満宮「節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市上京区馬喰町
節分祭10時~、追儺式 狂言13時~、日本舞踊(上七軒歌舞会)13時30分~、豆まき14時〜
ホームページ:http://kitanotenmangu.or.jp/
オススメポイント:茂山千五郎社中による「北野追儺狂言」、舞妓さんらによる艶やかな舞いもたのしめます。


(吉田神社・斎場所大元宮)

吉田神社「節分祭」 日時:2月2日~2月4日
住所:京都市左京区吉田神楽岡町30
追儺式:2日18時~、火炉祭(かろさい)3日23時~、福豆抽選会:4日13時~
ホームページ:http://www.yoshidajinja.com/
オススメポイント:京都の節分祭といえばやはり吉田神社。 800もの露店が並び期間中は大勢の人で賑わいます。伝統の追儺式、圧巻の火炉祭(復活!)、そして楽しみな福当抽選会と見所がいっぱい。参道には露天が立ち並び非常に賑やかな節分祭です。

下鴨神社節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市左京区下鴨泉川町59
節分祭10時〜、 比良木社節分祭10時半〜 、古神札焼納式11時頃〜、 追儺式 弓神事12時〜、 福豆・福餅撒き13時〜、 御眞神事13時半〜
ホームページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
オススメポイント:豆を撒く量はかなり多めです。

上御霊神社「節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市上京区上御霊前通烏丸東入
古神札焼納:夕方~、和太鼓の奉納、豆まき
接待:甘酒(19時~21時) 厄除そば:300円

千本釈迦堂(大報恩寺)「おかめ節分会」 日時:2月3日
住所:京都市上京区今出川七本松上ル
節分祭 狂言奉納:15時~
接待:福豆、樽酒
オススメポイント:紅白のオカメ装束をした男女が練り歩き、一年の厄除けをします。ここは舞妓さんが豆を撒くので華やか!境内はぎゅうぎゅうになります。

千本ゑんま堂「強運節分会」 日時;2月2日~2月3日
住所:京都市千本通芦山寺上る
ゑんま堂念仏狂言奉納:3日19時30~(無料)、豆まき
厄除こんにゃく煮き:400円
ホームページ:http://yenmado.jp/
オススメポイント:厄除けこんにゃく。ゑんま堂念仏狂言奉納の後に豆まきが行われます。

廬山寺「鬼踊り法楽」 日時:2月3日
住所:京都市上京区寺町通広小路上ル1丁目北ノ辺町397
鬼のお加持:14時~、16時~、鬼踊り15時~、豆撒き16時〜、古札焼き式17時〜
ホームページ:http://www7a.biglobe.ne.jp/rozanji/
オススメポイント:何と言っても15時からの鬼踊りが見ものです。一目みようと境内には溢れんばかりの観光客が詰めかけます。早めが鉄則。

壬生寺「壬生寺節分会」 日時:2月2日~2月4日
住所:京都市中京区坊城通仏光寺上る
壬生狂言・節分公開:2日~3日13時~20時の間に1日8回(無料)
ホームページ:http://www.mibudera.com/
オススメポイント :900余年もの歴史を持つという由緒ある行事で、炮烙と呼ばれる素焼きの皿に家族や知人の年齢・性別などを書いて奉納する炮烙奉納は壬生寺ならではの信仰です。無料で鑑賞できる壬生狂言、大護摩供養、山伏・稚児のお練り供養、厄除け護摩祈祷、星祭と様々な祭事が行われます。

八坂神社「節分祭」 日時:2月2日~2月3日
住所:京都市東山区祇園町北側625
舞踊奉納と豆まき:2日13時〜先斗町、14時〜弥栄雅楽会、15時〜宮川町、16時〜参道商店街
3日11時〜今様、13時〜祇園甲部、15時〜祇園東、16時〜参道商店街
ホームページ:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/
オススメポイント:舞妓さんらが参加する華やかな節分祭です。景品付き福豆授与や甘酒の接待もあります。

聖護院「節分祭」 日時:2月2日~2月3日
住所:京都市左京区聖護院中町15
2日は終日柱源護摩、追儺式・山伏福豆まき:3日13時~、厄除開運採燈大護摩供15時~、お札焼き19時~
接待:甘酒(3日9時~なくなり次第終了)、本尊不動明王(重文)の公開
ホームページ:http://www.shogoin.or.jp/index.html
オススメポイント:境内では朝から赤・黄・青の鬼の姿が見られます。見た目は怖いけど、お願いすると写真も撮らせてくれます。3日15時からの厄除開運採燈大護摩供は有名です。

須賀神社「節分祭」 日時:2月2日~2月3日
住所:京都市左京区聖護院円頓美町1
追儺招福豆まき祭り:2日15時〜、
オススメポイント:烏帽子水干姿の懸想文(恋文)売りが縁結びの文を授与してくれます(有料)。女性に人気です。

平安神宮「節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市左京区岡崎西天王町97
奉納狂言:正午~14時、節分祭13時~、大儺之儀 14時~、 豆まき行事15時~、大火焚神事16時~
接待:甘酒(終日)
ホームページ:http://www.heianjingu.or.jp/
オススメポイント:14時からの「大儺之儀」は、平安朝当時の作法、祭具、衣裳にいたるまで綿密に再現されています。 15時からの大極殿の福豆まきではいったん祓われた邪鬼が再び侵入。打豆によって祓われます。

日向大神宮「節分祭」日時:2月3日
住所:京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
ぬけ参り:終日、献火神事・古札焼き:16時〜
オススメポイント:境内にある天の岩戸を通り抜けることで、罪穢れが払い清められ福を招くいわれる「ぬけ参り」神事は、珍しい神事の一つです。天の岩戸は終日くぐることができます。
ホームページ:http://www12.plala.or.jp/himukai/

伏見稲荷大社「節分祭・初午大祭」 日時:2月3日
住所:京都市伏見区深草藪之内町68
祭典:9時〜、豆まき:祭典終了後〜、11時半〜、13時〜
ホームページ:http://inari.jp/index.html

藤森神社「節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市伏見区深草鳥居崎町609
節分祭10時〜、福豆まき15時〜、雅楽と舞楽の奉納18時〜、追儺式20時〜
接待:甘酒
ホームページ:http://www.fujinomorijinjya.or.jp/
オススメポイント:18時より藤森太鼓、雅楽、舞楽の奉納が行われます。20時から始まる追儺式はスモークをたくなど派手な演出が見ものです。

松尾大社「節分祭」 日時:2月3日
住所:京都市西京区嵐山宮町3
石見神楽10時〜、節分祭13時30分〜 、豆まき:14時頃〜、15時30分〜
ホームページ:http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html
オススメポイント:岩見神楽の奉納後、午後には節分祭・豆まきなどが行われます。

天龍寺「節分祭・七福神めぐり」 日時:2月3日
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
豆まき:11時30分~、13時30分~、15時30分~
七福神めぐり:8時~17時(三秀院、弘源寺、慈済院、松巌寺、永明院、寿寧院、妙智院)、福笹の授与は2,500円
接待:甘酒
オススメポイント:大福豆撒きや甘酒・樽酒の無料接待、福笹の授与を受けての七福神めぐりなど大勢の参拝客が訪れます。

行かなきゃ損!楽しいイベント盛りだくさんの節分祭はオススメですよ。

福引大会が楽しい!狸谷山不動院の節分祭へ 2017年

今年はどこの節分祭に行こう?毎年悩むのこの話題ですが、せっかく休みを取ったので普段はいけない場所をチョイス。2017年酉年の守り本尊は不動明王なのでと思い左京区・狸谷山不動院へ行ってきました。タヌキダニのお不動さんの名で親しまれ、交通安全や厄よけ、ガン封じ祈願で知られる修験道のお寺です。宮本武蔵が心の剣を磨いたといわれる武蔵之滝があり、修行場としても信仰されました。
自分の体力にはわりと自信がありましたが、詩仙堂を過ぎたあたりからぜぇぜぇと息があがってきます。まだまだ、と思い頑張りますが、厳しい坂が続き、その先にはそびえる階段が・・・。でも楽しみな空くじなしの福引大会が待っていると奮起して何とか本堂までたどり着きました。

(※奥の院→本殿の間違いです。)

本堂から見る景色は見事です。冷え込んでいますが青空が広がり晴天に恵まれました。狸谷山不動院の節分祭の目玉といえば豪華な賞品が当たる空くじなしの福引大会(1回200円)です。良いものが当たると噂で、みなさん何十枚も購入していました。景品はホームページに記載がありますのでそちらをご参考下さい。

豆まきは本殿内部にて11時30分、13時、14時30分からの3回行われます。豆が撒かれる前に祈祷、豆まき人(政治家・著名人なども)の紹介が続きがあり、豆まきがはじまったのは実際12時過ぎてからでした。狸谷山不動院には鬼がいないということで「福来たるー」の掛け声での福豆・福飴、落花生などが総数約5万個撒かれます。撒かれる福豆の中には緑色の福豆袋が混ざっていて、中には豪華景品の名前が書いてあるそうです。運よく取れた方はラッキーだそうです。わたしも思っていたよりたくさんの豆が取れて大満足。終わった後は達成感さえ感じます。この後は平安神宮の節分祭へ向かいます。

お得な地元情報を一つ。険しい山道がつらいという方は「つけもの児島」(白川通り曼殊院通り交差)を東へ100mから出ているシャトルバス(本数少なめ)がオススメです。ただバスを降りてからも長い長い道のりが続きますので、体力に自信がない方は別の節分祭に行かれた方が良いかと。わたしも数日間、筋肉痛に苦しむことになりました。それでも行ってよかったと思う楽しくて愉快な節分祭でした。有頂天家族ファンの方もぜひ。

狸谷山不動院
住所: 京都市左京区一乗寺松原町6
拝観・開館時間:9時〜16時
入山料:500円
HP:http://www.tanukidani.com/event/setsubun/#top