京都の年中行事「12月の催し・伝統行事」

今年もなんと、そろそろ師走です。慌ただしい日々が続きますが、心は穏やかにいたいものです。冬の風物詩としてしられる「大根焚き」や「かぼちゃ供養」なども行われ、本格的な冬を迎えます。来年はどんな年になるのでしょうか。

12月1日「献茶祭」 北野天満宮 豊臣秀吉公が北野松原にて行った「北野大茶湯」のゆかりにより行われます。献茶式は10時~、茶席は9時~15時 HP

12月初旬「花街総見(かがいそうけん)」 京都・南座 京都の五花街の芸舞妓たちが芸事の勉強を兼ねて歌舞伎の吉例顔見世興行を観劇します。何と華やかなこと!祇園甲部・先斗町・宮川町・上七軒・祇園東とそれぞれ日にちを変えて訪れます。

12月第1日曜日「しまい大国祭」 地主神社  14時〜毎月行われている大国祭の年内最後の祭典です。要拝観料。

12月第1日曜日「大根焚き(御会式)」三宝寺 一年の罪汚れを落とす厄よけ祈祷が行われ後、大根焚きがふるまわれます(有料)。 関連HP

12月7〜8日「大根だき」 千本釈迦堂 釈迦が悟りを開いた日を記念して行われる厄除けの大根供養。中風の厄よけにもなり、毎年大勢の人が訪れる冬の風物詩です。 関連HP

12月8日「針供養」 法輪寺 13時〜(法要) 裁縫に使われた際に、折れたり曲がったり錆びたりした針などの古い針をこんにゃくや豆腐などに刺して供養します。 HP

12月9〜10日「鳴滝の大根だき」 了徳寺 大釜で炊かれた大根を食べて中風よけとする冬の風物詩です。HP

12月10日「終い金比羅」 安井金毘羅宮 10時〜 一年の最後の金比羅大神様の御縁日です。この日から授与所にて縁起物の「稲宝来」の授与が行われます。 HP

12月13日「事始め」祇園周辺 正月の準備をはじめ、芸舞妓さんたちが「おことうさんどすー」といいながらお世話になった方へ挨拶に行く風習です。なかでも祇園のものがよく知られていて、カメラを持った観光客たちの場所取り合戦も。鏡餅を持って特にお世話になった師匠のところへ挨拶に行く姿が見られます。

IMGP1217

12月13日〜31日「空也踊躍念仏(かくれ念仏)」 六波羅蜜寺 空成上人が疫病救済のためにはじめた念仏です。 HP


(渡月橋 中の島公園)

12月中旬~下旬 「嵐山花灯路」 嵐山一帯 平成15年度から始まった催しです。京都を代表する社寺をはじめ、歴史的な文化遺産やまち並みなどを、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと花により照らしています。

12月14日「義士会法要」 法住寺 10時30分〜(法要)大石良雄が仇討ち祈願した身代不動明王を御本尊としています。舞妓さんによる献茶式が行われ、島原より大夫さんが大夫道中します。 関連HP

12月14日「義士まつり」 山科区一帯 義士をしのぶ多彩な行事を行われます。義士行列は毘沙門堂10時~から、大石神社は15時着。 HP

12月20日「お煤払い」 東本願寺・西本願寺 1年間にたまった両堂のほこりを門信徒らの協力によって払い出す行事です。大うちわを使ってほこりを払います。 西本願寺HP東本願寺HP

12月21日「終い弘法」 東寺 年の最後の弘法さん。毎年大勢の人で賑わいます。 HP

12月冬至の日「かぼちゃ供養」 不思議不動院 10時〜14時 冬至の日に中風よけやぼけ封じのかぼちゃ供養が行われます。 関連HP

12月23日「かぼちゃ供養」 矢田寺 たくさんのかぼちゃが備えられ一年の無病息災を祈ります。大釜で炊かれたかぼちゃが先着1,000名に配られます。 関連HP

12月25日「終い天神」 北野天満宮 年の最後の天神さん。弘法さん同様、大勢の人で賑わい活気に溢れます。 HP

12月25日「御身拭式」 知恩院 13時〜 古式により法然上人の木像を清め、衆生の罪障消滅を祈願します。 HP

12月27日「除夜の鐘・試し撞き」知恩院 親綱をひく僧(1人)と子綱をひく僧(16人)が「え〜い、ひと〜つ」「そ〜れ」の掛け声に合わせて除夜の鐘の本番さながらの迫力で試し撞きをします。最初は混み合いますが徐々に前で見えるようになりますよ。

12月31日「おけら参り」 八坂神社 招福除災を願って参詣者はおけら火を吉兆縄に移し持ち帰り新年を祝います。おけら火授与は19時30分より。 HP

12月31日「除夜の鐘」 各神社 人間の108の煩悩を消滅し、光明の新年を迎えます。

12月31日「火之御子社鑽火祭」 北野天満宮 古式どおり鑽火により新しい火をきり出して鑽火祭が斎行されます。

皆様にとって良い新年となりますように。 トコトコト

京都の年中行事「10月の催し・伝統行事」

いよいよ観光シーズンの季節に入りますね。過ごしやすい季節でお出かけも気持ちが良いですね~!

10月初旬日曜日 「平岡八幡例祭」平岡八幡宮 式典の後、小学生と大人が行い必ず子供が勝つという三役相撲・鉾さし・神輿が巡行が催されます。

10月上旬 「御香宮神幸祭御香宮神社 洛南最大のお祭りです。花傘、神輿巡行などお祭りは9日間続き賑やかです。

10月(11月)の5日間 「秋季一般公開京都御所 毎年秋のこの時期に京都御所が一般公開されます。付近は大勢の人で賑わいます。美しい庭園をご覧ください。」

10月上旬 「ニュイ・ブランシュKYOTO京都国際マンガミュージアムなど市内各地 ニュイ・ブランシュ(白夜祭)とは、パリ市が毎年この時期に行っている年に一度のアートイベントで、ここ京都でも街の至るところで現代アートを楽しむことができます。

10月1-5日 「ずいき祭北野天満宮 ずいきとは里芋の茎のことで、五穀豊穣を祈願するお祭です。神幸祭で神霊を移された鳳輦が北野天満宮を出発し、氏子地域を巡行し西ノ京の御旅所へ向かいます。

10月1-6日 「温習会」祗園甲部歌舞練場 毎年秋に催される祇園甲部歌舞会主催の京舞井上流の会です。 

10月1-11日 「金比羅大祭」安井金比羅宮 安井金比羅宮の祭りの中で最も重要なお祭りです。子供みこしと花車の渡御、また御鳳輦は神幸祭前日から翌日まで拝殿に出御され町内の氏子によって飾り付けがなされます。

10月7日 「神幸祭」水火天満宮 日本最古の天満宮とされる水火天満宮での神幸祭です。

10月8-9日 「繁昌大国秋祭下鴨神社 豊かな秋の稔りを感謝する年に一度のお祭りで「模擬店」「福くじ」「舞楽の奉納」などが楽しめます。

10月8-9日 「例大祭」今宮神社 年に1度の大祭で崇敬者さんの見守る中、8日に人長の舞・9日には東遊の舞が披露されます。

10月体育の日3連休 「壬生大念仏狂言」壬生寺 一般のものとは異なり、かね・太鼓・笛の囃子に合わせ、全ての演者が仮面 をつけ「せりふ」を用いず無言で演じられます。

10月体育の日の前々日と前日 「講員大祭」伏見稲荷大社 全国の稲荷大社信仰者により組織された団体の全国講員が参拝・家内安全・繁栄を祈願する祭です。中堂寺六斎念仏踊りや狂言の奉納も。

10月体育の日の前日 「赦免地踊」秋元神社 籠踊ともいわれ、踊り手の少年が頭上に切子型灯籠をかぶって踊ります。洛北の奇祭と呼ばれ無形文化財に指定されています。

10月の体育の日前後 「粟田祭粟田神社 粟田神社最大の祭礼行事です。体育の日前々日の「出御祭(おいでまつり)」体育の日前日の「夜渡り神事」、体育の日の「神幸祭」「還幸祭」、そして15日の「例大祭」までの神事・行事を総称して粟田祭(粟田神社大祭)と呼びます。

10月の体育の日 「宝永祭」六孫王神社   青竜(東)・白虎(西)・玄武(北)・朱雀(南)を司る4匹の鬼と神輿巡行があります。

10月中旬 「梵燈のあかりに親しむ会」妙心寺東林院 夜間に特別拝観できる貴重な機会です。梵鐙や古瓦に立てられた400本ものろうそくが、ほのかな光で白砂と苔の庭園を照らします。

10月第2日曜日 「今様歌合せの会」法住寺 白河法皇が愛好した「今様」を雅な平安風俗で再現します。

10月12・13日 「万燈お会式」妙蓮寺 日蓮の命日にちなみ、著名な画家の日本画や書など200点もの作品が、境内に灯る行灯を飾り立てます。

10月14-16日 「引声阿弥陀経会」真如堂 阿弥陀経を独特の調子で鉦に合わせて唱えます。現在は真如堂だけに残される珍しいものであり、厳かに行われます。

10月14日「人形供養祭宝鏡寺 人形寺と呼ばれる宝鏡寺で人形供養が行われます。島原太夫の舞も披露されます。

10月第2土曜・日曜 「春日祭」西院春日神社 年鼓笛隊列、江戸時代初期に製作された2基の神輿と5基の剣鉾の渡御があります。春日通(佐井通)の四条から三条通が歩行者天国になり露店も出てにぎわいます。

10月第2日曜 「山国隊鼓笛行進」山国神社 農兵隊で明治維新に貢献した山国隊が、錦の御旗を護衛して凱旋した昔ながらの様子が還幸祭で蘇ります。子供たちが楽しめるイベント盛りだくさんです。

10月16日 「例大祭」新日吉神宮 神仏混合の祭事です。

10月16・17日 「例大祭」日向大神宮 京都最古の神社のひとつで内宮、外宮も奉斎されます。16日に外宮祭、17日は内宮祭として神楽、人長舞の奉納があります。

10月19日 「船岡大祭」建勲神社  織田信長の上洛を記念するお祭りです。仕舞「敦盛」や舞楽が奉納されるほか、年によって宝物の展示や火縄銃三段打の奉納なども。

10月19~21日 「二十日ゑびす恵美須神社 ゑびす大神が海にお帰りになる『十日ゑびす大祭』(初ゑびす)と対をなし、海からおいでになられた旧暦の9月20日(現在の10月20日)に執り行われる大変重要な祭典です。

10月下旬 「例大祭」福王子神社 神輿や剣鉾が地域の安全や繁栄を願い巡行します。福王子神社は古くから仁和寺の守護神で、仁和寺から譲渡された神輿の巡幸があります。15時から仁和寺で神事も。

10月21日 「例大祭」石座神社  早朝松明行列が御旅所まで行き、剣鉾や神輿行列が石座神社まで戻ります。

10月22日 「時代祭京都御所平安神宮 京都三大祭りの一つです。明治維新から平安時代にかけて時代をさかのぼり再現、秋の一大風俗絵巻が京都市内で見ることができます。

10月22日 「鞍馬の火祭由岐神社 京都三大奇祭の一つ、武者わらじ姿の子供や友禅の長襦袢をまとった青年が大小の松明をかざし「サイレヤ、サイリョー」と繰り返し、町内を練り歩く勇壮な祭です。

10月第3日曜 「二十五菩薩お練り供養法会」即成院 一度は見てみたい!金色の菩薩面・菩薩装束をつけた稚児25名を含め総勢300名近くの人々が橋を極楽浄土と現世にみたてゆっくり練り歩く姿は必見です。

10月第3日曜 「斎宮行列野宮神社 輿に乗った十二単の斎宮代が華やかです。伊勢神宮へ出立する時の禊等の神事を再現しており、祭典が行われた後、正午から行列が渡月橋まで練り歩きます。14時頃には保津川で御禊の儀も。

10月第3日曜 「神幸祭」城南宮 平安時代の末から行われていた歴史ある祭礼です。本殿で祭典後、正午過ぎよりそれぞれ重さ1.5トン近くある3基の豪華な神輿の渡御が始まり、氏子区域を練り歩きます。夕刻には提灯と松明の明かりの中、神社に神輿が還御する様子は壮観です。

10月25日 「抜穂祭伏見稲荷大社 稲の刈り取り祭事 雅楽に合わせて、鮮やかな緋袴姿の神楽女が鎌と稲穂を手に古式ゆかしく「抜穂舞」を披露します。

10月29日 「余香祭」北野天満宮 菅原道真公が宮中の重陽の宴で詩を詠まれ御衣を賜ったことを、一年後に大宰府で追想して詩を作られたことに由来する祭礼です。

10月下旬-11月上旬 「大原女まつり」大原 大原女返信体験やミニ行列などイベント盛りだくさんです。

10月下旬 「神楽岡社神幸祭」吉田神社 神幸祭の神事の後、神楽、稚児行列が町内を巡幸します。

10月下旬 「笠懸神事」上賀茂神社 800年以上前に同社で奉納されていた儀式が2005年に復活。地上にある的を馬上から射る小笠懸や、水平に的を射る遠笠懸など、流鏑馬より実戦的です。当日は観覧席あり、英語の解説もあります。

10月下旬~11月初旬 「秋の古本まつり知恩寺 京都三大古本まつりのひとつ。秋の夜長に読書する本を探しに行きましょう!