京都・醍醐寺の桜2014

底冷えの冬が終わり、待ちに待った桜の季節がやってきました。華やかな春のはじまり。今年も満開を迎えた醍醐寺の桜を見に出かけてきました。境内に入るとすごい人人人。観光バスも次から次へとやってきて、さすが桜の名所です。満開の桜を前に思い思いに写真を撮ろうとする人々で溢れていました。

bbb

醍醐寺は豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行ったことでも有名です。今回は仁王門を通り、奥の弁天堂へと伽藍をまわって見てきました。

ccc
仁王門と桜

本殿手前は五重塔と桜の構図が撮れる人気スポットです。あいにくの曇り空でしたが、枝垂桜も非常にキレイでした。醍醐寺は霊宝館・三宝院・そして私が訪れた下伽藍と見所も多く、境内は広さもあるので混雑を気にせず楽しめる桜のスポットです。何度も訪れたくなるほど美しい桜が見れますよ。

aaaa

過去記事→「京都・醍醐寺 霊宝館の大枝垂桜が見頃です。」、「京都・醍醐寺 秀吉の祈りその1」

醍醐寺
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
拝観料:600円
ホームページhttps://www.daigoji.or.jp/index.html

京都・仁和寺の「おむろ桜」が満開に。2013春

今年の京都の桜は例年よりも早く開花を迎えました先週の爆弾低気圧で各地のソメイヨシノは散ってしまいましたが、遅咲きで知られる仁和寺の「おむろ桜」は今週に入ってから見頃になり、いま満開の時期を迎えています。中門内西側一帯に広がる約200本の桜が鮮やかな春の風景を見せてくれています。

江戸時代の川柳で「わたしゃお多福 御室の桜 はな(※鼻/花)が低ても人が好く」と詠まれた仁和寺の「おむろ桜」。

背が低くて優しい雰囲気の「おむろ桜」と歴史の重厚さを漂わせる五重塔の組み合わせは絶景ですね。どの季節訪れても違ったよさを感じる仁和寺は私の大好きな場所の一つ。近くには金閣寺龍安寺などがあり、仁和寺を含め一日で三つの世界文化遺産を見学することができるのでお勧めです。

仁和寺
住所:京都府京都市右京区御室大内33
TEL:075-464-3664
ホームページ:http://www.ninnaji.or.jp/
拝観料:御殿500円、霊宝館500円(春季4月ー5月第4日曜日、秋季10月ー11月23日)