ライトアップ「貴船もみじ灯籠 2013」

いよいよ京都の秋も深まってきました。洛北・貴船神社境内と貴船街道沿いでは、9日〜30日の間まで「貴船もみじ灯籠」が開催されています。灯ろうが並べられた街道は光に包まれ、昼とは違った幻想的な世界が楽しめます。現在、貴船神社の紅葉は7分ほど。夜は冷えますのであたたかい格好にてお出かけください。最終日の30日には夕方から和太鼓の演奏なども行われる予定です。

叡山電鉄「市原」~「二ノ瀬駅」間は250mにわたるもみじのトンネルがあり、日没からライトアップが開催されています。線路脇に設置された約100基の照明によって色づきはじめた紅葉が照らされ、暗夜に浮かぶ美しさはまるで別世界のよう。もみじのトンネルを通過する際には車内灯が消え、ゆっくり走行する演出もありがたいものですね。

過去記事→「夜の紅葉を満喫する 京都ライトアップ2013 秋冬」

貴船神社「貴船もみじ灯籠」
日時:11月9日(土)~11月30日(土)
住所:京都市左京区鞍馬貴船町180
拝観時間:夕暮れ~21時頃(貴船エリアは20時30分まで)
散策・神社拝観は無料

ハート型のつり革で恋愛成就!? 叡山電鉄

今、叡山電鉄を使用する乗客の中で「ハート型のつり革」が話題となっています。全22車両1028個のつり革に1個だけピンク色したつり革があり、見つけると恋が叶う、さらにつり革を握ると効果バツグンなど縁結びの神様としてその存在が知られるようになりました。

叡山電鉄はの沿線には恋愛成就で有名な貴船神社があります。女流歌人である和泉式部が夫の愛を取り戻すために祈願に訪れ、その想いを和歌にし詠み再び夫の愛を取り戻したとされています。叡電は恋愛のご利益のお裾分けをと、昨年秋から車両にハート形ののつり革を取り付け始めました。つり革は1~4日ごとに取り付ける車両を変えられ、どの車両にあるかは一切広報されず、社内でも交換担当の社員しか知らないという演出ぶり。沿線沿いには大学もあり、学生達の中ではすでに噂になっていて、その存在は幻となっています。

実際、恋が叶った話や沿線沿いで出会いがあったなどの話もあるようです。恋愛中の人だけでなく、出会いを求めている人にも効くなんてところが流石です。ツイッターでは運良く見つけた人達が画像をアップしています。ハートのつり革は叡山電鉄だけでなく、井の頭線や西武国分寺線、上高地線などでも採用されているそうです。全国に広がっていくと、毎日の通勤通学が楽しくなるかもしれませんね。

貴船神社の過去記事→「もみじ流る、秋の貴船神社」「青紅葉とオロチ舞う、貴船神社・貴船祭」

叡山電鉄沿線の過去記事→英ガーディアン誌が選んだ「恵文社」「金星から来た魔王「鞍馬寺」」「くるりも大好き「叡山電鉄」」「叡電ってアニメとか漫画とか大好きですよね」