京都の年中行事「8月の催し・伝統行事」

祇園祭が終わり夏の暑さが本格的に。暑い暑い夏のイベントも様々です。8月は夏休みもあり、学生さん向けのイベントもたくさん!お精霊さん迎え・五山の送り火・万灯会など古くから続く行事が多く、家族を思う月でもあります。

8月1日「祇園花街 八朔」祇園界隈 八月朔日(旧暦8月1日)を略したで言葉で、古来より恩義のある人に贈り物をする風習があった日です。舞芸妓さんが絽の黒紋付きの衣装で芸事の師匠やお茶屋に挨拶にまわります。襟足の白粉の筋が2本から3本になったり、「奴島田」という髪型に結い直すといった舞妓さんの正装は特別な日にしか見る事ができない晴れ姿です。

8月1日~5日「盂蘭盆早朝法話」清水寺 連日早朝6時から清水寺盂蘭盆早朝法話を開講しています。朝活しませんか?

8月上旬「京の七夕鴨川二条城・堀川・各社寺 今ではすっかり京都の夏の風物詩となりました。プロジェクトマッピングなど多彩な催しが市内の各地で行われます。梅小路公園・岡崎エリアも追加されています。

8月4日「例大祭」北野天満宮 987年に一條天皇が初めて勅祭を斎行された日にあたり北野天満宮で最も大切な祭典とされています。皇室の繁栄と国家安泰、五穀豊穣、無病息災を祈願します。

8月5日「万灯会・施餓鬼法要」醍醐寺 国宝の五重塔や金堂もライトアップされるほか、上醐では供養の灯がともされる中で「夜まいり」が行なわれ、下醍醐では日没から1000を超える置き灯篭や提灯が灯され、参道が照らされる中「精霊供養法要」や「お施餓鬼(せがき)供養」が行われます。幻想的です。

8月6日「夏越神事下鴨神社 矢取神事とも呼ばれる勇壮なお祭りです。御手洗池に斎竹(いみだけ)を立てて清め、中央に斎矢を立て、奉納された厄除けの人形が流されると裸男たちが一斉に飛び込み矢を奪いあいます。

8月7日「亀岡平和祭」亀岡市 京都府亀岡市の花火大会。日本煙火協会推薦の特選玉を見ることができる数少ない大会です。

8月7~10日「陶器まつり」五条坂一帯 全国の産地から400店余の露店が軒を連ねます。市価の30~50%くらいの値段で掘り出し物がたくさん!昔から京都人はここで陶器を揃えていたそうです。

8月7~10日「六道まいり・迎え鐘」六道珍皇寺 「お精霊(しょうらい)さん迎え」とも呼ばれ、8月7日~10日までの4日間に精霊(御魂・みたま)を迎えるために参詣します。線香の煙が漂うなか、水塔婆を納め、先祖の霊を迎えるため冥土にも届くといわれる梵鐘の「迎え鐘」をつく大勢の参詣者で賑わいます。

8月7~10日「陶器神社大祭」若宮八幡宮社 大祭が行われ、陶器みこしが巡行します。8日10時からは祭礼が行われ、11時からみこし巡行有ります。

8月7~16日「お精霊迎え・送り」引接寺 旧盆のこの日に、ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て各家庭に戻ります。
地域の人々を中心に多数お参りされ、水塔婆を流し迎え鐘をついて、その音にのって皈ってこられる「おしょらいさん」をお仏壇の扉を開いてお迎えします。千本六斎念仏の奉納もあります。

8月8~12日「精霊迎え・六道まいり」大報恩寺(千本釈迦堂)お盆を挟む季節の8月8日から16日、大報恩寺に安置されている重要文化財の「六観音菩薩像」の六道信仰によって、6つの道に迷えるご先祖様や縁者のすべての精霊を迎、供養することで仏様の救いの力をもらい罪滅ぼしと招福を祈る行事です。秘仏として、公開されていない文化財のご本尊・釈迦如来像もこの期間だけはご開帳されます。

8月8~10・16日「万灯会」六波羅蜜寺 関白法要が8日、大万灯点灯法要8~10日におこなわれます。送り万灯点灯法要は16日。大万灯点灯法要では、大の形をした文字に点灯して、先祖の霊を迎えて祈ります。

8月9~16日「盂蘭盆万灯供養会」壬生寺  精霊(祖先の霊)をお出迎えし最終日である16日にお送りします。初日と最終日に壬生六斎念仏の奉納があります。 

8月9日「精霊会」穴太寺  境内には多くの露店が並び、ほおずきを買って仏迎えをする人達で賑わいます。亡き人々の御霊をお迎えする行事で、聖武天皇に始まって以来行われています。

8月中旬「納涼古本まつり下鴨神社
 夏の風物詩となった糺の森での古本まつり。一日中居ても飽きないほどの本が並び、子供向けのイベントも。森見登美彦さんの作品『夜は短し歩けよ乙女』にも出てきますね。

8月14~15日「万灯会法要」大原三千院  18時に御門主御導師により観音堂で点灯式が行われ、不動堂・観音堂前広場を中心とした境内全域に一万本の灯明が点ります。

8月14~16日「東大谷万灯会」東大谷 涼しい夜間にもお盆参りができるよう、境内に参拝者の足元を照らす提灯を灯したことから始まりまった万灯会。18時頃から灯りがともります(21時まで)。期間中17時頃からは、茶所仏間において「仏典童話」の紙芝居、19時からは本堂において万灯会お盆法要も。

8月14~16日「万灯祭」車折神社 全国から献灯された約1000個にも及ぶ様々な願い事の書かれた赤や黄色の紙灯篭を社殿の軒先等に吊るし、点灯して願い事の成就を祈願します。

8月15~16日「松ヶ崎題目踊り・さし踊り」涌泉寺 松ヶ崎が日蓮宗に一村改宗されてより現在まで続いている宗教行事です。題目踊りさし踊りを境内で行い、16日には妙法送り火の点火されます。

8月15日「花背の松上げ」花背八桝町 洛北の山村に伝わる精霊送りと火災予防、五穀豊穣祈願の火の祭典です。河原に差し込んだ約千本の松明に一斉点火され、高さ20メートルの大傘に向かってその松明を投げ上げ、大傘に火をつけます。松明の火跡が雨のようで壮観です。以前テレビ番組で見ましたが、すごい迫力でした。

8月16日「五山の送り火」京都市内五山 夏の夜空にくっきりと浮かび上がる五山の送り火は、京都の夏を彩る風物詩として親しまれています。東山如意ヶ嶽の「大文字」、ほかに松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近大北山(大文字山)の「左大文字」及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の五つ。

8月16日「広沢池灯籠流し」遍照寺・広沢池 精霊さんを送り灯籠を池に流します。五山の送り火と同時に見ることができます。

8月16日「精霊送り万灯流」徳林寺 嵯峨一帯の寺院と信者がつくる嵯峨仏徒連盟が、戦没者の霊を慰めるために、1947年から始まった伝統的な祭事です。渡月橋の大堰川に千数百の万灯籠を流し、お迎えした精霊をふたたび冥府に戻る先祖の霊を供養します。

8月16日「嵐山灯篭流し」嵐山渡月橋 精霊さんを送ります。五山の送り火も見ることができるので、大勢の人で賑わいます。

8月16日「送り鐘」矢田寺 鐘をついて魂をお送りする「送り鐘」が行われます。 

8月17日「金剛王院観音供」一言寺 金剛王院観音供・柴灯大護摩火渡りをする夏季大祭があり、境内は一日中賑わいます。

8月18日「例祭・小山郷六斎念仏上御霊神社 国の重要無形民俗文化財に指定されている「小山郷六斎念仏」が奉納されます。昼間には狂言、夜には御霊太鼓も。 

8月22~23日「六地蔵めぐり」大善寺/地蔵寺/上善寺/徳林庵/浄禅寺/源光寺 都の入口(旧街道)六ヵ所にあるお地蔵さんを巡拝して、家内安全・無病息災を祈願します。各寺で授与された六種のお幡(はた)を入り口に吊すと「厄病退散」「福徳招来」するといわれていて、800年も続いている伝統の行事です。

8月23~24日「千灯供養」化野念仏寺 西院の河原にまつられている数千体の無縁仏にろうそくを灯し、供養する宗教行事です。

8月23日「御本尊御開帳」十輪寺 本尊、延命地蔵菩薩(えんめいじぞうぼさつ)は腹帯地蔵尊と称され、子授け安産の祈願に。毎年8月23日に御開帳されます。

8月24日「久多花笠踊 」志古淵神社・上の宮神社・大川神社 久多(くた)の花笠踊は、京都市左京区の北端に位置する四季折々の美しい自然が残る山間の久多地区に伝承されている芸能で、重要無形民族文化財に指定されています。

8月24日「雲ヶ畑松上げ」雲ヶ畑出谷町・雲ヶ畑中畑町 愛宕明神に火災予防と五穀豊穣を祈願します。二箇所の山の中腹に胴木となる鉄の棒を寝かせ、その先に約4m四方のやぐらを組み、たいまつを文字の形に取付け、心棒を直立させ、夜空に火文字を浮かび上がらせます。

8月24日「広河原松上げ」広河原下之町・観音堂 愛宕神社に火災予防・豊作・家内安全を祈願します。河原や畦道に差し込んだ約千本の松明に点火、高さ約20メートルの大傘へ松明を投げ上げ火をつける勇壮な祭です。四方から上がる火が弧を描き、交錯して夜空を焦がします。

8月25日「吉祥院六斎念仏踊り」吉祥院天満宮 夏季大祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されている六斎念仏が奉納されます。境内には夜店も。

8月最終日曜 「嵯峨天皇祭」梅宮大社 平安京を完成させた嵯峨天皇の徳を偲ぶ祭礼です。少年相撲大会、打楽器演奏などが催され、夜は露店が立ち並びます。

京都の年中行事「6月の催し・伝統行事」

梅雨入りする6月。雨でじめじめとしていて気分もふさぎがちになりますが、植物や苔から放たれる生命力の美しさを感じる季節でもあります。

6月第1日曜日 「祗園放生会」祗園白川巽橋 仏教の「殺生を禁じ放生せよ」という教えに基づき、食膳に供される生き物への感謝の意を込めて行われています。巽橋の上から2000匹の魚の稚魚を白川へ放流します。舞妓さんも参加するので毎年大賑わいです。

6月1~2日 「京都薪能」平安神宮 初夏の風物詩として親しまれているのが薪能です。夕闇が迫り篝火がたかれ始めると、朱塗りの神殿がライトアップされます。荘厳な雰囲気を楽しめるひととき。

6月1日~7月上旬 「あじさい園開園三室戸寺 あじさい寺とも称される三室戸寺。30種・1万株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花などが境内の杉木立の間に咲く姿は見事です。

6月1日 「貴船祭貴船神社 千度詣り後、招福餅まきやヤマタノオロチ退治神話を再現した出雲神楽が奉納されます。

6月1日 「雷除大祭」北野天満宮 北野天満宮の境内、本殿前に鎮座する火之御子社の例祭で、雷除けの御守りが授与されます。

6月1日 「雷除祭」吉祥院天満宮 ゴルフや登山者の安全を祈願して朝6時より行われます。桑の葉のお守りが授与(有料)や朝がゆ接待があります。

6月2日 「信長忌阿弥陀寺 織田信長・信忠をはじめ、6月2日の本能寺の変で討ち死にした110余名を弔います。普段は非公開の本堂はこの日に限り一般公開されます。

6月4日 「歯供養」ぬりこべ地蔵  歯痛封じ供養が行われます。

6月5日 「開山忌」建仁寺 茶祖・栄西禅師を偲んで裏千家家元による献茶式が行われます。

6月5日 「縣祭(あがたまつり)」縣神社 5日の深夜から6日の未明にかけて行われる梵天渡御で有名。お神興が通る間は沿道の明かりが消されてまっ暗闇になるので「暗夜の奇祭」ともいわれています。

6月第2木曜日 「若鮎祭」嵐山中ノ島公園・桂川 保津川の鮎の解禁にちなみ、嵐山中ノ島公園で若鮎の試食会が催されます。

6月上旬 「蛍火の茶会下鴨神社 糺ノ森を流れる小川数百匹ものホタルが放たれます。神服殿では十二単衣と小袿の舞や雅楽や箏曲の演奏、橋殿と細殿には茶席が設けられ境内は雅な魅力たっぷり。

6月6日 「献上紀州梅道中下鴨神社上賀茂神社 梅の日記念行事として紀州梅の会により催されます。

6月7日 「大峯山花供養入峰修行」醍醐寺三宝院 山伏たちは大峯山に登り各行場で厳しい修行を行います。真言宗当山派修験道の根本道場といわれる秘所・小笹(小篠・おざさ)の道場において、柴灯護摩が修行されます。

6月8日 「大幣神事」縣神社  疫神を集めて宇治川に投げ捨て、五穀豊穣祈願や厄払いをするお祭です。約6メートルの大幣・風流傘・子供行列が町を巡行します。

6月10日 「田植祭」伏見稲荷大社 苗代で育った早苗を神田に田植えする御田植の神事です。衣装汗衫姿の神楽女が御田舞奉納します。

6月10日 「御田植祭」上賀茂神社 橋から川中に早苗を投じ五穀豊穣を祈願します。

6月15日~30日 「沙羅の花を愛でる会」妙心寺東林院 沙羅双樹の寺として知られる東林院には、十数本の沙羅双樹からなる「沙羅林」があります。庭に散る姿も美しいや。
 
6月15日 「八坂神社例祭」八坂神社 御祭神ゆかりの日を選んで決められた大祭。弥栄雅楽会による「東遊」の神楽奉納があります。

6月15日 「青葉まつり」智積院 弘法、興教両大師のご生誕を祝う行事です。この日は拝観無料です!

6月17日 「観音ぜん法」相国寺 大方丈で同寺に伝わる独特のふしまわしの経を唱え日常心のなかで犯していた多種多様の罪を懺悔し仏性を取り戻す行事。

6月20日 「竹伐り会式」鞍馬寺 長さ4メートル、太さ15センチ近くもある青竹を大蛇に見立て、僧兵姿の鞍馬法師が近江、丹波の両座に分かれ伐る早さを競い豊凶を占います。

6月22日 「桂昌院忌」善峯寺 桂昌院(けいしょういん)は、徳川五代将軍・綱吉の母。桂昌院が幼い時期、善峯寺で奉公していた縁で執り行われます。

6月25日 「御誕辰祭」北野天満宮 御祭神菅原道真公御誕生の日にあたり、御誕辰祭が斎行されます。大茅の輪くぐりも。

6月25日 「菅公御誕辰祭並安産祈願祭」吉祥院天満宮

6月30日 「水無月大祓式上賀茂神社 半年間の罪・穢を祓い、残り半年の無病息災を祈ります。殿上で中臣大祓を奏上しながら、人形(ひとがた)をならの小川へと流します。幻想的で幽玄な世界が見れます。

6月30日 「夏越祓」各神社 半年間の罪、穢れを祓い、残り半年の無行息災を祈ります。茅の輪くぐりや人型人形流しも。

IGPT3452

<ピックアップ!6月オススメの観光スポット>
6月上旬~下旬 「紫陽花祭」藤森神社 境内の二か所に紫陽花苑があり、約3500株の紫陽花が植えられている紫陽花の名所です。季節に行われる紫陽花祭には、例年多くの人が参拝する。お祭の中日となる中旬ごろには神事後、献花、献茶、神楽の奉納が行われます。

6月上旬~下旬 「ハートの形のアジサイを探そう三室戸寺 「あじさい寺」と呼ばれ紫陽花の名所として知られる三室戸寺ではハートの形をしたアジサイを見ることができます。どこにあるかは…秘密だそうですよ。

6月梅雨時 「奥嵯峨・緑一面の苔庭」祇王寺 雨の日にこそ出かけてほしいのが奥嵯峨の祇王寺です。雨あがりのしっとりとした苔庭の美しいこと。澄んだ空気と静寂に癒されること間違いなしです。

201506 嵐山 012