三明院 高台からの紅葉 2014

蓮華寺を後にし、三宅八幡宮に向かう途中にとても素敵な紅葉スポットを見つけました。三明院(さんみょういん)という真言宗醍醐派の寺院で、本堂には本尊の弘法大師像、脇仏として不動明王と歓喜天尊を祀っています。多宝塔前ではちょうど真っ赤に染まる紅葉が見ごろを迎えていました。その美しさに近くまで行ってみると、境内を無料で公開されていました。

2014 秋 130

急な石段をのぼるとこの辺りの上高野を見渡せる高台にでます。ちょうど夕暮れ前のやさしい色した太陽が紅葉に反射し、美しい瞬間を堪能することができました。聞こえてくるのは風の音だけ。多宝塔からの眺めはとても気持ちがよいものでした。偶然こんな場所に出合えるというのは嬉しいものです。

2014 秋 135

2014 秋 140

ちょっと道が分かりづらいです。三宅八幡宮の右手・池近くにある水車の道ぞいを進んでいくとすぐにたどり着きます。京都の人でも知らない人が多い、隠れた紅葉スポットだと思います。観光寺院やありきたりの場所じゃない京都の紅葉を見たい方にもオススメです。

三明院
住所:京都市上高野西明寺山28
境内自由

「Golden Pavilion(金閣寺)」

One of the popular sightseeing spots for foreigner in Kyoto is 「Kinkaku-ji(Golden Pavilion)」.The zen temple is officially called Rokuon-ji. At first Kinkaku-ji was built by Ashikaga Yoshimitsu,the third Ashikaga shogun, in 1397.

The three-story Golden Pavilion was built as a shariden(or stupa),a repository for the bones of the Buddha,and covered almost entirely in gold.It’s gold reflection in the kyokochi(mirror pond) is one of the best-known images of Japan.

In 1994, the tem­ple was reg­is­tered as a World Cul­tural Her­itage Site.

Our Japanese article is→「文学的な美しさ 金閣寺」

Kinkaku-ji
adress:1 Kinkakuji-chō, Kita-ku, Kyoto
Time: 9am〜17pm
Price:400yen
Homepage:http://www.shokoku-ji.jp/flash/flash.html